岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 【症状別】トイレの水漏れの原因と自分でできる対処方法

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

【症状別】トイレの水漏れの原因と自分でできる対処方法

2020年09月30日 トイレのトラブル
2

トイレから水漏れする原因は症状によってさまざまですが、症状ごとの原因をきちんと理解しておけば自分で適切に対処できる場合があります。ただ自力での解決が難しい場合、多少は費用がかかっても専門業者に頼んだほうが無難でしょう。
そこで今回は、症状別のトイレの水漏れ原因や自分でできる対処方法を解説し、専門業者に修理業務を依頼したときの費用相場もご紹介します。

【症状別】トイレの水漏れの原因

トイレで水漏れが起きる場所は、主にトイレタンク、給水管、床周辺、便器本体、ウォシュレットの5カ所です。

・トイレタンク
便器内にいつまでも水がチョロチョロと流れてくる場合、原因はトイレタンクと考えられます。タンク下部には、フロートバルブと呼ばれる黒いゴム栓が取りつけられています。鎖が途中で絡まっている場合や、バルブが劣化してタンクの底にすき間が生じると水の流れを止められません。

・給水管
給水管で水漏れしているとき、よく見られる原因はトイレタンクやウォシュレットとの接続部分でナットが緩んでいるケースです。ナットの締りが甘いと、よく接続部分のすき間から水が漏れます。

・床周辺
床周辺に水漏れが見られる場合、主な原因は給水管やタンクの結露や便器と床の間にあるシーリングの不具合です。便器に墨汁を垂らし床との接地面に黒い水が漏れたら、シーリングで問題が起きていると考えられます。

・便器本体
トイレの便器から水漏れしているなら、便器本体が原因かもしれません。もともと便器は経年劣化しにくい器具ですが、乱暴に扱うと損傷する可能性があります。重いものを落としたときには、ひび割れを疑ってみましょう。

・ウォシュレット
ウォシュレットで水漏れを起こしやすい原因は、フィルターの目詰まりです。水道水に混ざる不純物がフィルターにたまると、水漏れを招きます。フィルターに問題がなければ、ノズルが故障している可能性もあります。


自分でできる水漏れの対処方法

水漏れの原因がはっきり分かるときや症状が軽い場合、自分でトラブルに対処できることがあります。

・トイレタンク
トイレタンクのなかでレバーから伸びる鎖が絡んでいるだけなら、ほぐして元に戻せば問題解決です。フロートバルブが劣化している場合、部品を交換しましょう。数年に一度は交換が必要といわれています。

・給水管
給水管の水漏れは、ナットを締め直すだけで解決するケースが多く見られます。水漏れを発見したときは、工具を使ってナットが緩んでいないか一通りチェックしましょう。締め直しても空回りする場合、ナット自体の交換が必要と考えられます。

・床周辺
床周辺の水漏れは、まず何が原因か確認してください。シーリングに問題があると考えられる場合、フランジパテと呼ばれる部品を交換する方法があります。この交換作業では便器全体を持ち上げる必要があるため、専門業者に依頼したほうが安心です。

・便器本体
便器本体のひび割れは、防水パテやコーキングで埋めると応急処置できます。ただし、しばらく水漏れを防げますが一時しのぎに過ぎません。根本的な解決策でなく安全面の問題もあるため、早めの便器交換が望まれます。

・ウォシュレット
ウォシュレットに備えつけのフィルターが目詰まりしている場合、歯ブラシなどで掃除しましょう。ノズルが故障しているときは、部品交換が必要です。止水栓を閉めてから手動やお掃除モードでノズルを引き出せば、自分で取り替えられます。


専門業者に依頼する場合の費用相場

水漏れの修理を専門業者に依頼する場合、トラブルの状況や作業内容によって料金は異なります。

・トイレの水漏れ修理の費用相場
トイレの水漏れを修理するときの費用相場を示すと、フロートバルブや鎖を含めたトイレタンクの備品の故障修理は8,000~11,000円です。便器とタンクの間からの水漏れ修理は10,000~12,000円、床との間からの水漏れは100,000~300,000円といわれています。

業者によっては、トイレタンクや洋式便器を交換すると各々20,000円、ウォシュレットの交換は15,000円です。修理作業の代金とは別途に、基本料金、夜間早朝料金、古い部品の処分費用などが設定されている場合もあります。

・見積もり確認を忘れずに
最近は、格安料金をうたって作業終了に高額請求する問題が発生しています。修理代を請求された時点でトラブルを避けるには、事前の見積もり確認が不可欠です。できれば複数業者から見積もりを取り寄せ、費用相場を参考に依頼先を比較検討してください。

見積もり内容に納得できなければ、疑問を残したまま作業を頼む必要はありません。見積もりがあると請求書と内容が違うときにも理由を聞けるので、業務を依頼する前には忘れずに入手しましょう。


まとめ

トイレの水漏れは、症状ごとに原因が異なります。問題を解決するには、原因に応じて適切に対処することが大切です。厄介なトラブルは無理に自力での処置を試みず、専門業者に依頼しましょう。修理代などに疑問があれば、いつでもおかやま水道職人にお問い合わせください。

おかやま水道職人は総社市、玉野市、浅口市をはじめ、北区、南区、中区など岡山市で水に関わるトラブルを解決している水道修理のプロです。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315