岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 自宅の排水管を長持ちさせる方法

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

自宅の排水管を長持ちさせる方法

2020年10月29日 排水管
1

排水管の状態は目に見えないため、昨日まではいつも通り水が流れていても、ある日突然トラブルが発生することもあります。日ごろからメンテナンスを行い、できるだけ長く使用できるよう工夫することが大切です。今回は、排水管の寿命や長持ちさせるためのメンテナンス方法などをご紹介します。

排水管のおおよその寿命

排水管の寿命は、水道の使用状況や建物の築年数にもよるものの、およそ20年前後といわれています。自宅を建ててから20年以上が経過している場合、排水管の劣化も進んでいると考えられるため、一度メンテナンスを行うのがおすすめです。

・素材によっても寿命は変化する
排水管の寿命は、素材によっても変化します。代表的な素材は鋼管や塩ビ管ですが、下記のように寿命には多少の違いがあります。

●亜鉛メッキ鋼管……約20年
●炭素鋼鋼管……20~25年
●塩ビ管……約30年
●寿鉄管……35~40年

このなかでも、現在の主流は塩ビ管です。耐食性・耐衝撃性に優れ、軽量化を実現できることから多く採用されています。素材ごとに耐用年数は異なりますが、老朽化を防ぐことはできません。交換作業は大がかりな工事になる可能性もあり、現在の排水管をできるだけ長持ちさせたいところです。


排水管トラブルを招く使用方法

排水管の寿命は、日ごろの使用方法で短くも長くもなります。こちらでは、排水管トラブルを招く可能性のある使い方をご紹介します。

・食べ物のくずや油汚れをそのまま流す
食べ物のくずや油汚れは、排水管トラブルの主な原因のひとつです。これらをそのまま流すと、排水管に付着して水の通り道がふさがれてしまいます。その結果、つまりや水漏れなどの症状を引き起こすのです。

また、食べ物のくずや油汚れが蓄積すると、バクテリアや雑菌の繁殖も進みます。排水管が劣化するだけでなく、悪臭も発生するため、快適な住環境にも悪影響です。

・熱湯を流す
排水管に熱湯をそのまま流すと、痛みや変形を引き起こし、寿命を大きく縮めてしまう可能性があります。具体的には、70℃以上のお湯が危険とされているため、水と一緒に流すなどして排水管が熱湯にさらされないよう注意しましょう。

・薬品類の使用
中性洗剤以外の薬品も排水管を痛める可能性があります。家庭内で使用する洗剤はすべて中性洗剤にする、水と一緒に流すようにするなどを意識するだけでも、排水管の劣化を遅らせることができます。


自分でできるメンテナンス方法

排水管は身近なアイテムでメンテナンスをすることができます。こちらでは、家庭でできるメンテナンス方法を3つご紹介します。

・パイプクリーナー
もっとも簡単なのがパイプクリーナーを使用したメンテナンス方法です。液体や錠剤、ジェルなどさまざまなタイプがあるので、お好みに合わせて選びましょう。ホームセンターやインターネット通販などで購入できます。

使用する際は、パッケージに記載されている注意事項をよく読み、用法用量を守って使用してください。とくに、他の洗剤や薬品と混ぜると有毒なガスが発生し危険です。乳幼児のいるご家庭では、絶対に手の届かない場所に収納しましょう。

・重曹とお酢
小さなお子さんのいる家庭やアレルギーが心配な場合は、重曹とお酢を使用した方法がおすすめです。排水口に重曹と酢を1対1の割合でふりかけます。そうすると、化学反応によって生じた泡が汚れを浮かしてくれるはずです。30分ほど放置したらぬるま湯で泡を流しましょう。

・ワイヤーブラシ
排水管を直接掃除する場合は、ワイヤーブラシを使用するのがおすすめです。1mほどのワイヤーに細長いブラシが付いていて、排水管のS字部分もしっかりと洗浄できます。定期的に掃除をすることで、排水管をきれいな状態のままキープすることができます。


プロに定期的なメンテナンスを依頼するのがおすすめ

市販のパイプクリーナーや重曹などを使用したメンテナンスには限界があります。定期的にこれらのお手入れを行っているにも関わらず、水の流れが悪くなってきたら、汚れが蓄積していると考えて良いでしょう。その場合は、高圧洗浄機など専門的な道具を扱えるプロにメンテナンスを依頼するのが安心です。

メンテナンスの頻度は、自分でのお手入れが年に1~2回、業者への依頼は5年に1回程度が目安とされています。前回の依頼から5年以上が経過している場合は、なるべく早く修理業者に連絡しましょう。


まとめ

目に見えない排水管は、いつの間にかつまりや雑菌の繁殖が進行していて、気づいたときには事態が深刻化していたというケースも珍しくありません。交換するとなると多くの費用が必要となるため、こまめにメンテナンスを行い、少しでも長持ちさせることが大切です。

おかやま水道職人では、岡山市、倉敷市など岡山県全域で水漏れやつまりなど、水道トラブル全般に対応しています。高圧洗浄機を用いた排水管洗浄も行っていますので、ご自宅の環境に不安を感じている場合は、ぜひ当社までご連絡ください。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315