【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » ウォシュレットの故障は迅速な対処が必要!

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

ウォシュレットの故障は迅速な対処が必要!

2020年12月27日 トイレのトラブル
6

毎日使用するトイレに設置されていて、今や生活に欠かせないアイテムとなっているウォシュレット。不具合が発生して使えなくなったり、故障したりした場合に困るという方は多いのではないでしょうか。また、電化製品であるウォシュレットの故障を放置していると、思わぬ事故に発展する可能性もあります。今回は、ウォシュレットが故障した場合の対処方法や交換方法をご紹介します。

ウォシュレットの故障を放置しているとどうなる?

ウォシュレットの耐用年数は7~10年前後といわれています。この期間を大きく超えて使用している場合は、いつ不具合が発生してもおかしくありません。電化製品は10年前後で生産終了となることも多いため、耐用年数が経過したら、故障する前に新品へと交換するのがおすすめです。

・発火のリスク
ウォシュレットの故障を放置したまま使用していると、発煙や発火のリスクがあります。故障したまま使用することで内部の部品や構造に大きな負荷がかかり、断熱や発熱の危険性が高まるのです。小さなヒビであっても、そこから水が入り込み、電気系統がショートする可能性も考えられます。ウォシュレットの不具合や故障を発見したら、すぐに使用を中止しましょう。


ウォシュレットで発生する主なトラブルと対処方法

毎日使用するウォシュレットでは、さまざまなトラブルが発生します。こちらでは、主なトラブルの内容と対処方法をご紹介します。

・ノズルからの水漏れ
ノズルから水漏れが漏れている場合は、まず一時的なものかどうか確認しましょう。自動洗浄機能が作動しているだけかもしれません。

長時間漏れ出している場合は、ノズル内部のパッキンの劣化やバルブユニットの故障が原因と考えられます。それぞれのパーツを交換することで解消可能ですが、機種によってはウォシュレットの分解が必要です。

・ウォシュレットの水の出が悪い
ウォシュレットの水の出が悪い場合は、まず水量設定を見直しましょう。「弱」になっている場合は「中」や「強」へと変更します。

設定に問題がない場合は、ノズルのつまりが原因です。ウォシュレットに搭載されたノズルの掃除機能を使用すれば改善できます。掃除機能がない場合は、ノズルを引き出して使い古した歯ブラシなどでお手入れしましょう。

・ノズルが戻らない
ノズルが戻らない場合は、故障ではなくノズルに付着した汚れが原因と考えられます。ウォシュレットの電源を切ってノズルを引き出し、スポンジやブラシで汚れを落としましょう。

・ウォシュレットが動かない
ウォシュレットが突然動かなくなった場合は、まず壁付きリモコンの電池が切れていないかチェックしましょう。便座カバーを装着している場合は、センサーが作動していない可能性もあるため、一度外してみてください。どの方法でも解決しないようであれば、ウォシュレットの故障が疑われます。専門業者やメーカーに連絡するのが安心です。


ウォシュレットは自分で交換できる?

ウォシュレットが故障した場合は交換が必要です。難しいイメージがありますが、工具を準備して正しい手順で作業を行えば、自分でも交換することができます。こちらでは、ウォシュレットの交換手順をご紹介します。

・作業前に必ず行うこと
ウォシュレットの交換作業は、まず古いウォシュレットや便座を取り外すことから始まります。ドライバーとモンキーレンチさえ用意できれば、作業自体は難しくありませんが、漏水や漏電などのトラブルを防ぐためにも以下の3つを事前に行っておきましょう。

〇止水栓を閉める
〇電源を抜く
〇給水管を取り外す

・ウォシュレットの交換手順
ウォシュレットの交換手順は以下の通りです。製品によって必要な工具は異なりますが、モンキーレンチで設置できるものもあります。

1.古いウォシュレットを取り外す
2.新しいウォシュレットを設置する
3.給水管を接続する
4.便座部分のネジを締める
5.電源を入れて止水栓を開く

ウォシュレットを設置する際は、「カチッ」と音がするまでしっかりとはめ込むことが大切です。


水道修理業者に任せたほうが良いケース

ウォシュレットの交換は自分でもできますが、下記のようなケースは水道修理業者やメーカーに任せるのが無難です。

〇ウォシュレットを取り外せない
〇ウォシュレットの新設時

取扱説明書通りに作業してもウォシュレットが取り外せない場合は、便器のヒビ割れやウォシュレットの内部が故障している可能性があります。無理に作業するとトイレ本体の故障につながるケースもあるため、専門業者に任せましょう。

ウォシュレットの新設時は、電源の有無やトイレのタイプの確認が必要です。場合によっては取り付けられないケースもあるため、必ず専門業者にチェックしてもらいましょう。


まとめ

弊社では、ウォシュレットの故障をはじめとした水回りのトラブルに対応しています。豊富な知識と経験を兼ね備えた熟練のスタッフがご自宅まで伺いますので、お困りの際は当社までお問い合わせください。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315