【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » キッチンで発生したぬめりの原因は何?自宅でできる対処方法と予防法

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンで発生したぬめりの原因は何?自宅でできる対処方法と予防法

2021年05月10日 キッチンのメンテナンス


綺麗に使っているつもりでも、使い続けているとどうしても発生してしまうキッチンのぬめり。触れたくないけど放置すればするほどひどくなり、悪臭や排水溝の詰まりにつながってしまうかもしれません。こちらでは、ぬめりが発生する原因や除去方法、予防法などをご紹介します。食器や食材など、口に入るものを扱う場所ですから、衛生状態を保って清潔にしておきましょう。

キッチンのぬめりはなぜ発生する?

ぬめりの正体は、細菌やカビ、バクテリアが増殖するときに発生する「バイオフィルム」と呼ばれる粘着物質です。これらの雑菌は、少しの水分と栄養分があればみるみるうちに増殖します。

キッチンの排水溝には、水分はもちろん雑菌の栄養分となる油汚れが付着しています。その水分と油汚れをもとに雑菌が繁殖し、ぬめりを発生させてしまうのです。水分と食材のカスや油分などが集まりやすいキッチンのシンク周辺は、特にぬめりが発生しやすい場所といえるでしょう。

ぬめりを放置するとどうなる?

ぬめりの正体が雑菌だと分かると、ますます掃除が面倒に感じてしまうでしょう。しかし、そのまま放置すると悪臭や排水溝のつまりを引き起こす恐れがあります。

キッチンでは食材の油や料理に使った油など、知らず知らずのうちに排水溝に油分を流しているものです。流された油分は冷たい水で固まるため、シンクのゴミ受けや排水管などにこびりつきます。そこで雑菌が繁殖してぬめりがついてしまうと、汚れがより強固なものになってしまうのです。

蓄積された汚れやぬめりは悪臭を放ち、排水管を詰まらせてしまうので、こまめに除去する必要があります。

自宅でできるぬめりの除去方法

素手でぬめりには触れたくない方でも、ぬめりを簡単に取り除く方法があります。用意するものは、重曹・クエン酸か酢・ゴム手袋の3つです。人体に害のないもののみで除去できるのでおすすめです。

1,排水溝のふたやゴミ受けなど、ぬめりが気になるものに重曹を振りかける
2.スプレーボトルにクエン酸か酢を入れ、重曹の上からスプレーする
3.全体的に泡立ったら、30分ほど放置する
4.お湯で流す

このとき、低濃度では人体に害はない炭酸ガスが発生しますが、換気を行い、大量に吸い込まないようにしてください。三角コーナーの裏や水切りラック、洗剤ボトルの底など、水が溜まりやすく掃除がしづらい場所も忘れずに除去しましょう。

あまりにもひどいぬめりや蓄積された汚れには、市販の塩素系漂白剤やカビ取り剤が効果的です。漂白剤やカビ取り剤はアルカリ性なので、油汚れなど酸性の汚れを分解して落としてくれます。使用中は換気をしっかりと行い、ゴム手袋で手肌を守りましょう。

また、漂白剤やカビ取り剤など塩素系の洗剤は、酸性の洗剤と混ぜると有毒な塩素ガスや硫化水素ガスが発生するため注意が必要です。使用上の注意をよく読み、絶対に2種類が混ざらないようにしてください。上記のクエン酸を使った方法でぬめり取りをした後は、十分な水で洗い流してから、もしくは1日以上間をあけてから漂白剤やカビ取り剤を使用するようにしましょう。

キッチンだけじゃない!水回りのぬめりを予防する秘訣

ぬめりのない水回りを目指すなら、こまめな掃除が欠かせません。しかし、毎日掃除したくても忙しくて手が回らないという方も多いでしょう。こちらでは、簡単に水回りのぬめりを予防できる方法をいくつかご紹介します。

・排水溝にアルミホイルのボールを入れておく
丸めたアルミホイルを、排水溝のゴミ受けに2、3個入れておくだけの予防法です。アルミホイルは水に濡れると金属イオンを発生させます。雑菌は金属イオンを嫌うので、雑菌がつきにくくなり繁殖を抑える効果が期待できます。アルミホイルのボールはきっちりと丸めるのではなく、表面積を増やすために軽めに丸めましょう。

・使用後はお湯で流す
シンクを使用した後に、熱めのお湯で全体を流す予防法です。排水溝に流れた油や皮脂、壁に残った石鹸カスなど、雑菌繁殖のもととなるものをできるだけ流しておきましょう。熱いお湯は蒸発しやすいので、水分を溜めない効果も期待できます。

・排水溝のふたやゴミ受けを抗菌のものに変える
排水溝のふたやゴミ受けは、抗菌タイプのものが売っています。プラスチック製のものは雑菌が付きやすく変色もしやすいので、頻繁なぬめりに悩まされている方も多いのではないでしょうか。少し値は張りますが、抗菌タイプのものに交換するだけでぬめり取りの手間が軽減されるのでおすすめです。

まとめ

岡山市周辺エリアの水道工事専門業者「おかやま水道職人」が、水回りで発生してしまうぬめりの原因や除去方法、予防のしかたをご紹介しました。キッチンは食器や食材を扱う場所だからこそ、いつも清潔にしていたいものです。ぬめりの原因である雑菌の繁殖を抑え、清潔で安全な水回りを目指すなら、今回ご紹介した除去方法や予防方法をぜひお試しください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315