【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 洗面所で水漏れやつまりが起こる原因と対処法について

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所で水漏れやつまりが起こる原因と対処法について

2021年05月18日 洗面所のトラブル


洗面台で発生する水漏れの原因

洗面台で起こる水漏れは水栓、蛇口もしくは排水パイプに原因がある可能性がほとんどです。どちらかに劣化や何らかの影響で破損が起こった際に、水漏れが発生します。水栓、蛇口から水漏れが発生している場合には、内部にあるカートリッジやパッキンといった部品の劣化で水が漏れてしまいます。どちらも新品の部品に交換することで、水漏れの症状を改善することが可能です。

次に水漏れの原因が排水パイプの場合ですが、こちらも改善にはパッキンもしくはパイプそのものを交換する必要があります。どちらを交換する必要があるかを判別する方法として、水漏れの発生箇所が重要です。パイプのつなぎ目から水が漏れているのか、パイプそのものから水が漏れているかでどちらの部品を交換すべきか判断可能です。

水が漏れている状態では該当箇所の特定が難しいので、溢れている水を拭きとるなどして、場所を確認してから修理に臨みましょう。

水栓や蛇口から水漏れやパイプからの水漏れが発生した際の対処法

蛇口にはレバー式水栓とハンドル式水栓がありますが、どちらを修理する場合にも止水栓を閉めてから作業します。準備する道具としてはモンキーレンチにドライバー、溢れた水を拭くためのタオルも用意しておくとよいでしょう。

レバー式水栓ではまずハンドルを固定しているねじを取り外し、ハンドルを外します。ハンドルを外すことに成功したら台座についている外カバーを外すことで、内部のカートリッジを取り外すことが可能になります。外した箇所に新しいカートリッジを取り付けることで作業完了です。

ハンドルタイプでは最初にドライバーを用いて、ハンドルの上部分についているカラービスを取り外します。ビスを外すとハンドルが引き抜けるようになるので、ハンドルを外しモンキーレンチでナットを外します。ナットを外すとパッキンが見えてくるので、新しく購入したパッキンに付け替え、ここまで外した部品を元に戻し作業完了です。

次は排水パイプですが、パイプのつなぎ目から水が溢れている際は内部のパッキンを交換する必要があります。止水栓を止めるのを忘れずに、モンキーレンチでナットを外したらすぐにパッキンを交換可能です。排水パイプそのものから水が溢れている場合は、症状によって対処も異なります。

少量の水漏れであれば自己融着テープを適切な長さに切り取り、該当箇所に貼り付けることで処置は完了です。水漏れの症状が深刻な際は自力で対応することも可能ではありますが、手順が複雑なため業者に連絡し修理もしくは交換してもらうことをおすすめします。

洗面台にて排水溝が詰まる原因とチェックすべき箇所

つまりが発生する原因は基本的に髪の毛、ぬめりやヘドロといった汚れ、石鹸のカスの3種類です。適切な洗浄や掃除で解消することはできますが、詰まりが発生している場所に応じた洗浄方法がポイントです。つまりが発生した際にチェックすべき箇所は、排水溝の入り口と排水トラップ、そして排水管と排水枡の4箇所になります。

排水溝の入り口ですが、ここにはヘアキャッチャーというさまざまな異物や髪の毛をキャッチしてくれる部品がついています。これを定期的に掃除などせず長期間放置していると、汚れが固まってしまい水は流れなくなるのです。対処法としては1度取り外してきれいに掃除すればよいだけなので、そこまで難しくありません。

排水溝の入り口に問題がなければ、次にチェックする必要があるのは排水トラップです。排水トラップはS字やP字になっており、内部に溜められた水で下水の臭いが逆流するのを防ぐ役割を果たしています。この水が溜まっている箇所に汚れが溜まることで、洗面台で水を使用する際にうまく流れていかなくなります。

対処法としてはパイプを分解して清掃するか、排水口の入り口部分から詰まりを解消するときに用いられるアイテムを使用することになるでしょう。分解しての清掃に自信がなければ、専用道具を使用したやり方が安心です。

洗面台だけでなく家のさまざまな箇所で、水がうまく流れていかなかないといった症状がみられる際は排水枡に原因がある可能性が高いといえます。排水枡は多数の排水溝や排水管につながっているためです。排水枡にはヘドロや油の塊などの汚れが溜まりやすいので、清掃方法が少し変わってくる点に注意が必要です。

これまでチェックしてきた箇所に問題が見られないようですと、壁の内部や床下に埋め込まれている排水管にトラブルがあると考えましょう。これは単純に経年劣化の可能性もありますし、排水枡に流れていく途中で何かしらの異物が混入し排水管内で詰まりを発生させているなどのケースが挙げられます。対処には排水管そのものを交換する必要がある場合が多く、専門業者への依頼が有効な手段です。

洗面所のトラブルでお困りなら

おかやま水道職人は岡山市中央区、津山市、岡山市東区など岡山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽におかやま水道職人にお問い合わせください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315