【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » トイレの排水管が水漏れ!原因や対処法は?

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの排水管が水漏れ!原因や対処法は?

2021年10月09日 トイレのトラブル


トイレの排水管から水漏れしているとき、一体何が原因になっているのでしょうか。
原因によっては、自分で対処できる場合もありますので、対処法を知って焦らずに対処するようにしましょう。

今回は、トイレの排水管から水漏れしている場合の原因や対処法をご紹介します。

トイレの水漏れの原因とは

トイレの排水管が水漏れを起こしている場合、原因はどのようなものが考えられるのでしょうか。
水漏れが発生したら、まずは水漏れの原因をチェックするようにしましょう。

・汚れが溜まっている
トイレの排水管に知らず知らずのうちに溜まった汚れによって、排水管がつまり水漏れが発生してしまう場合があります。
トイレの排水管は、尿石がこびりついて蓄積され、汚れが引っかかっていくことで次第につまっていきます。

完全につまってしまうと、つまりを取り除くことは難しくなりますので、流れが悪いと感じた時点で対処することが大切です。
流れが少しでも気になった場合は、液体のパイプクリーナーなどでつまりを取り除くようにしましょう。

・流したものがつまってしまった
トイレでは、スマホなどの携帯電話や鍵をうっかり胸のポケットから落としてしまったりすることがあります。

落としたことに気付いた時点でゴム手袋などをして取り出せれば良いのですが、中には気付かないで流してつまってしまい、水漏れを発生させることにつながる場合もあります。

また、おむつや猫砂などは、水を吸って膨張するため、うっかり流してしまうことでつまりにつながります。

・排水管の経年劣化
排水管を長い期間使い続けている場合、経年劣化によって亀裂が発生し、水漏れを引き起こすことがあります。

亀裂だけでなく、接続部にズレが生じる場合や、部品が緩んでしまって水漏れが発生することもあるので、長期間排水管を交換していない場合は確認するようにしましょう。

また、使い続けたことによる経年劣化だけでなく、設置時の取り付けの不具合というパターンもあります。


排水管が水漏れしたときの対処法

実際に排水管が水漏れを起こしていたとき、一体どうすれば良いのでしょうか。
水漏れが発生したときの対処法について確認してみましょう。

・ラバーカップを使用してつまりを解消する
つまりが原因で水漏れが発生しているときは、ラバーカップでつまりを取ることで水漏れも解消できる場合があります。

ラバーカップは正しい使い方をしないと効果が発揮されませんので、ラバーカップの正しい使い方を知って使用するのがおすすめです。

まず、ラバーカップには和式用と洋式用があります。
ラバーカップと聞くと思い浮かぶような、ゴムの部分がお椀のような形になっているものは和式用です。

洋式用のものは、お椀部分から中間部分に出っ張ったゴムがついたような形をしています。
使用するトイレのタイプに合わせて選ぶようにしましょう。

ラバーカップを排水口部分にゆっくりと置きます。
このとき、内側の空気を少しでも抜くように斜めから差し込みましょう。
ラバーカップのゴムを排水口部分に密着させ、カップを十分へこませてから力を入れて引き抜きます。

ラバーカップは「押す」イメージがあるかもしれませんが、「引く」イメージで使うようにしましょう。
つまりの原因が出てきたらラバーカップを取り出し、原因となったものをゴム手袋などで掴んで取り出せば完了です。

・排水パイプからの水漏れを解消する
タンクの直下や給水パイプの途中、便器につながっている部分などのナットの緩みを確認しましょう。
内部の部品から水漏れが起きている場合は、パッキンの劣化が考えられます。

パッキンを交換する際は、止水栓をしっかりと閉じてからタンク内の水をすべて抜き、その後に交換を行います。


排水管の水漏れを予防するためには

排水管からの水漏れを予防するためには、日ごろからトイレがつまらないように心がけることが大切です。
トイレに流して良いものは「トイレットペーパー」と「排泄物」など水に溶けるもののみです。

水に流せる掃除用シートなども、一度に大量に流してしまうとつまりを引き起こしてしまう可能性があります。
流すのであれば一枚一枚流すか、もしくは流さずにゴミとして捨てるのが良いでしょう。

また、おむつや生理用ナプキンなどをうっかり流してしまったこともあると思います。
これらには水を吸って膨張する素材が使われており、つまりの原因になりますので、注意するようにしましょう。


排水管の水漏れが解消できないなら

つまりを自分で解消しようとしても解消できない場合や、水漏れの原因がわからない場合などは、無理をせずに専門業者に相談するようにしましょう。
水漏れによって二次被害を引き起こすこともありますので、発見した際は早めに対処するのがおすすめです。

おかやま水道職人は、岡山市北区、南区、中区、東区など岡山市全域のほか、倉敷市、津山市、総社市、玉野市、笠岡市など、岡山県全域の水のトラブルをサポートしています。

トイレのつまりや水漏れでお困りなら、おかやま水道職人にご連絡ください。
経験豊富なスタッフが、お電話一本ですぐに駆け付けます。
お見積もりは無料ですので、ぜひお気軽にお電話ください。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315