【水道局指定工事店】岡山のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » シャワーの水圧が弱い時に考えられる原因とは?改善策についても解説!

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーの水圧が弱い時に考えられる原因とは?改善策についても解説!

2022年01月21日 浴室のトラブル

シャワーの水圧が弱いと不便に感じる方は多いでしょう。勢いよくシャワーを浴びたくて蛇口を回したら、水圧が弱いとがっかりしてしまいますよね。身体もちゃんと洗えているか不安に思うこともあるのではないでしょうか。

いつも使っているシャワーの水圧に変化があったときは、何らかのトラブルが発生している可能性があります。トラブルはすぐに確認できるものから、自力では確認できないものまでさまざまです。

本記事では、そんなシャワーの水圧が弱いときに考えられる原因と改善策、自力で直せないときはどうすればよいのか解説していきます。トラブルを解決していつもの水圧に戻したい方は、ぜひ参考にしてください。

シャワーの水圧が弱い時に考えられる原因


シャワーの出が悪いとシャワーをしっかり浴びにくく、不便ですよね。ストレスも溜まってしまいます。

水圧が弱くなってしまったときは、原因ごとに対策が異なります。まずは考えられるトラブルの原因から見ていきましょう。

シャワーの出が悪いときに考えられる原因は主に「フィルターのつまり」「給湯器のトラブル」「水圧がコントロールされている」この3つが挙げられます。それぞれ具体的にみていきましょう。

■フィルターのつまり
シャワーとホースにはストレーナーというフィルターが備わっています。なかなかシャワーヘッドとホースを取り外すことがないので、目につきにくい部分かもしれません。

ストレーナーはゴミを取り除く役目を担っていますが、取り除かれたゴミがそのまま溜まってしまうと、水が出にくくなります。

■給湯器のトラブル
給湯器はお湯を調整する役割をしています。お湯を使いすぎて量が足りなくなってしまうと、シャワーの水圧が弱くなります。

また、給湯器の故障によっても同様のケースが見られます。

■水圧がコントロールされている
浴室の水は止水栓によって管理されています。止水栓は主に漏水があったときに、閉めて水の流れを止めるときに使いますが、日ごろから漏水が起きないように水圧が管理されていることがあります。これはあまり知られていないので覚えておくとよいでしょう。

シャワーの水圧が弱い場合の改善策


ここまで、シャワーの水圧が弱い原因として「フィルターのつまり」「給湯器のトラブル」「水圧がコントロールされている」などが挙げられることを解説しましたが、このような原因の改善策は「ヘッドの清掃」「ヘッドの取り換え」「止水栓を操作する」「給湯器の取り換え」などが挙げられます。それぞれ詳しく解説します。

■ヘッドの掃除
分解できるヘッドは分解して内部までしっかり洗浄し、分解できなければお湯をはった洗面器の上でブラシを使って洗浄しましょう。

ヘッドの水が出る部分は歯ブラシを使い、中性洗剤で汚れを掻き出して落とします。細かい汚れは爪楊枝を使用するのがおすすめです。

また、こびりついて取れない汚れは漬け置き洗いをし、水に大さじ1杯のクエン酸を入れて1~3時間漬けておきましょう。

■ヘッドの取り換え
ヘッドを新しいものに換えると水圧がちょうどよくなることがあります。最近は水圧をヘッド自体で調節できる水圧シャワーヘッドがあり人気です。

ホースで庭に水を撒くときに、先端の水が出ている部分を狭くすると水の勢いが増しますよね。シャワーヘッドはその要領で、ヘッドの穴の大きさを調節して水圧を変えられます。

根本的なことはトラブルを解消できていませんが、一つの改善策として参考にしてみてください。

■止水栓を操作する
水圧は止水栓であらかじめ調節されていることがあります。止水栓がどこにあるのか確認しておきましょう。

まず戸建ては、外にある水道メーターボックスの中に止水栓があります。メーターボックスを開けると水道メーターとハンドルがあり、このハンドルは止水栓のハンドルで左に回すと水圧が強くなって右に回すと弱くなります。

マンションやアパートの止水栓は、玄関ドア付近に水道メーターボックスが設置されていることが多いです。メーターボックスの内部は戸建てと同様です。なお屋内に止水栓が備え付けられた自宅もあり、その場合は浴室の蛇口付近にあります。


■給湯器の取り換え
給湯器にトラブルがあるとき、給湯器を新しいものにすることで水圧トラブルは解決します。給湯器に何か不具合があることが分かっているなら、新しい給湯器を検討しましょう。

自力で直せない場合は?


シャワーの水圧の原因を突き止めて改善策を試したにもかかわらず、改善されない場合も少なくないですが、諦める必要はありません。単純に他の原因である可能性が考えられるためです。

大きく「水圧が元から弱い」「漏水が発生している」「給水装置のトラブル」などが挙げられます。詳しく見ていきましょう。

■水圧が元から弱い
浄水場と自宅の距離が遠かったり、配管が細かったりするともともとの水圧が弱くなることがあります。そのようなときは専門の会社に調査を依頼してください。自力ではどうにもできません。

■漏水が発生している
水圧の強さが途中で変化したため、ヘッドの清掃、取り換えや止水栓の操作、給湯器の取り換えを行っても水圧に変化が見られなかったときは、漏水している可能性があります。

原因が漏水だったときは放置すると二次災害が起こったり水道代がかさんでしまったりするため、水道の専門会社に相談してみることをおすすめします。修繕会社に依頼したときは修理費、交換費の他に出張料や深夜料金がかかることがありますが、出張費は近場の会社を選ぶことで抑えられます。

また、価格だけで依頼する会社を決めてしまうのではなく、複数社からの見積もりや対応を含め比較検討しましょう。技術や実績、アフターフォローの充実が期待できる会社がおすすめです。

費用もあいまいなものではなく、わかりやすく提示してくれる会社が信頼できます。水道のトラブルが発生した時に、いつでも依頼できる、信頼できる会社をひとつ決めておくとよいかもしれません。

■給水装置のトラブル
集合住宅には給水装置がありますが、その装置にトラブルがあったときも水圧が弱くなります。しかし、勝手に処置できないので管理会社に点検を依頼することが必要です。

自力での改善策を試して解決しないときは、このように自分の管轄外でトラブルが発生している可能性があります。

何か異変があったときには、行動に移し、どこに相談していいかわからないときは、水道工事の専門会社に相談してみましょう。

まとめ


今回は、シャワーの水圧が弱いときに考えられる原因と改善策、自力で直せないときはどうすればよいのか解説しました。水圧が弱くなってしまう原因は、清掃するだけでよくなる単純なトラブルから、自力で対応できない複雑なトラブルまであらゆる可能性が考えられます。

水圧トラブルを改善するためには、まず原因を突き止めるのが大切です。原因から改善策を模索しましょう。

また、止水栓の場所はあらかじめ把握しておくことをおすすめします。止水栓は水圧トラブル以外にも漏水トラブルで応急処置する際に使うことがあります。止水栓の位置を知っておくだけでトラブルへの対応力が上がるので、ぜひ知っておきましょう。

もし改善策を試してよくならなかったとしても、諦めずに専門の業者や住宅の管理会社へ相談して原因を探ってみてください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315