【水道局指定工事店】岡山のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 水道の水が止まらない時はどうしたらいい?自分でできる対応策を紹介

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道の水が止まらない時はどうしたらいい?自分でできる対応策を紹介

2022年11月30日 水道トラブル


水道の水を止めようと思って蛇口を閉めても、水が流れ続けてしまったことはありますか。

この記事では、水が止まらない時の原因や具体的な対応策を取り上げます。最後まで読んで、万が一に備えてください。

水道の水が止まらなくなる原因


水が止まらまくなる原因は、場所ごとによっても異なります。以下では、家の中の3箇所に分けて原因を取り上げます。

キッチンや洗面所
キッチンや洗面所の蛇口は、ハンドルタイプとレバータイプの2種類があります。ハンドルタイプの蛇口から水が止まらない場合、内部にあるスピンドルやコマパッキンの劣化が原因です。

一方、レバータイプの蛇口の場合は、バルブカートリッジやパッキンの劣化が原因だと考えられます。

トイレ
トイレの手洗い管から水が止まらなくなる時に考えられる原因のひとつは、タンク内の部品の不具合です。トイレタンクの中には、浮き玉やボールタップ、ゴムフロートなどの部品があります。

トイレのレバーを引く時に、それぞれの部品が連動し合って手洗い管と給水管から水を排出するというわけです。しかし、浮き玉やボールタップの接続部分が緩んでいたり、ゴムフロートと接続しているチェーンによる絡まりなどが生じると、水漏れが起こってしまうでしょう。

バスルーム
バスルームの水道から水漏れする時、考えられる原因のひとつはサーモスタット混合水栓本体や給水管の故障です。サーモスタット混合水栓とは、水とお湯の温度を自動調節するタイプの水栓で最近では多くの家庭で使用されています。

本体はもちろん、給水管に不具合があると水漏れが生じるでしょう。さらにシャワーとカランを調節するバルブカートリッジの不具合も水が止まらない原因になります。加えて、蛇口のコマパッキンの劣化も水漏れ原因に繋がります。

水道修理する際に用意したいもの


水道の修理をする際には、基本的な道具を用意する必要があります。マイナスドライバーとプラスドライバー、ウォーターポンププライヤー、モンキーレンチは揃えておくと安心です。また、水漏れ対策にタオルやバケツ、手袋を用意しておきましょう。

加えて、暗いところを照らせるように懐中電灯もあると便利です。これらは全て、ホームセンター等で購入できるものばかりです。いざという時に備えて、用意しておきましょう。

自分でできる対処策


水道の水が止まらない場合、まず行うべき応急処置は水道の止水栓を閉めることです。キッチンの止水栓はシンクの下、洗面所は流し台の下についています。トイレの止水栓は貯水タンク付近の壁や床付近に、バスルームの止水栓は壁から蛇口につながる部分に設置されていることが多いです。

止水栓がハンドル形式のタイプだったら、回すだけで水を止められます。蛇口部分にマイナスネジがついている場合は、マイナスドライバーを使って止水栓を閉めてください。止水栓を閉めても水が止まらない時には、水道の元栓を閉めましょう。

水道の元栓は、室外に設置されていることがほとんどです。水道メーターの隣にある元栓を右に回して、水をしっかり止めてください。その後、どの箇所から水漏れしているかをチェックします。

もし、蛇口付近のネジやナットの緩みが原因で水が止まらなくなっているのであれば、自分で修理することが可能です。緩みが生じた部分をドライバーを使って締め直してください。加えて、水漏れがひどい部分には、応急処置として補修用テープを巻いておくこともできます。補修用テープはホームセンターで手に入れることが可能です。

いざという時のために用意しておきましょう。テープを巻く時には、下にバケツを置いた状態で、強めに巻くようにしてください。

水漏れを予防するためにできること


普段の生活の中で、水漏れを防ぐためにどんなことが出来るのでしょうか。以下で2つのポイントを取り上げます。

蛇口を強く締めない
水道の水が止まらなくなる原因の多くは、パッキンの劣化です。水道の蛇口を強く締めることで、パッキンを傷めてしまわないように注意しましょう。水が垂れないように締めることは大切ですが、力一杯にひねる必要はありません。

部品の劣化を確認する
水道の部品は、時間とともに劣化することを忘れないようにしましょう。部品が緩んでいないか、劣化していないか定期的なメンテナンスを行ってください。早めに確認して交換することで、大きなトラブルを避けられるはずです。

水漏れ修理の料金相場


水漏れ修理を業者に依頼する場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。多くの場合、部品のみ交換する時には、10,000〜15,000円ほどの費用がかかります。蛇口本体を交換する場合は、30,000〜60,000円ほどかかるでしょう。ただし、水栓の機能によっても値段は変わってくるため、注意してください。

水道業者を選ぶポイント


水道業者に依頼したいが、どのような基準で選んだらいいのか分からないという方もいるかもしれません。以下で、水道業者を選ぶ3つのポイントを取り上げます。

適正価格である
水道業者によっても、工事費用は差が生じます。あまりにも安い設定の業者にも注意してください。他の作業で料金を取られることもあり得ます。トータル価格だけでなく、どんな工事をどんな手順で行うか詳しく説明してもらい、適正価格であるかを確かめてください。

技術力がある
水道業者のホームページを見て、年数や実績数、口コミなどをチェックしてください。技術力を持っていることが分かると、安心して依頼できるはずです。また、水道局指定業者であることも重要なポイントです。

水道局指定業者とは、法律によって定められた基準で適切に工事ができると認められた業者を指しています。技術力があることを示すものでもあるため、業者を選ぶ際にはチェックしてください。

対応エリアである
自分の住んでいる地域に対応している業者であることも大切なポイントです。対応エリアであっても、自宅までの距離がかかる場合は出張費用がかかってしまいます。相談して、すぐに駆けつけられる業者をピックアップしておきましょう。

自力で難しい場合は水道業者に依頼しよう


水道から水漏れが、部品の締みだったりパッキン交換だけで直る場合は、自分で対処できるでしょう。しかし、水漏れ原因が分からない時や、DIYに自信がないときは業者に依頼することがおすすめです。

蛇口や水道管を傷める心配もなく、スムーズに作業してくれます。水漏れの根本原因を見つけて、確実に直してくれるでしょう。

まとめ


水道の水が止まらない原因は、水道のある場所ごとで少しずつ異なります。まずは、どこがどのように水漏れしたのかを確かめて、水道の止水栓や元栓を締めてください。

部品の緩みが生じて、水が止まらなくなっている場合には、マイナスドライバーを使用して緩んだ部分をしっかり締め直しましょう。

しかし、水漏れ箇所が特定できなかったり、自分で修理できない時は、迷わずに業者に連絡してください。加えて、水道の使い方も重要です。蛇口をきつく締めすぎに注意したり、定期的なメンテナンスを行って、水道のトラブルを防ぎましょう。





岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315