【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » トイレではコロナ対策を徹底しよう! 感染しないための予防法

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレではコロナ対策を徹底しよう! 感染しないための予防法

2020年12月31日 ウイルス対策
岡山_6

「COVID-19」いわゆる新型コロナウイルスは、2020年12月現在、収束する気配を見せていません。
それどころか、増加傾向にあるという話がネットやテレビなどのメディアを騒がせています。新型コロナの感染源は複数ありますが、トイレは注意したい場所です。
今回は、トイレ掃除での新型コロナ対策をご紹介します。

トイレは新型コロナウイルスの感染リスクが高い場所

トイレは新型コロナの感染リスクが高い場所です。一例として2020年に起きた「ダイヤモンドプリンセス号」での、新型コロナ集団感染が挙げられます。
NID国立感染症研究所によると、3,711名の乗員乗客の内、合計712名の感染が確認されました。船内の共有部分97ヶ所や乗員乗客の49部屋490ヶ所において検体を採取したのですが、感染者が使ったトイレ周辺で新型コロナウイルスが多く見つかっています。

一般的に、新型コロナウイルスは、飛沫感染や接触感染が感染理由として考えられています。飛沫感染とは、会話や咳やくしゃみをしたときに散る飛沫による感染です。この飛沫の中に新型コロナウイルスをはじめとして、病原菌が含まれています。

一方、接触感染は、皮膚や粘膜や手をはじめ、手すりや便座やトイレのフタ、スイッチやボタンなどに接触して、菌が体に付着して感染することです。
ただし、単純に触れただけでは感染しません。問題は新型コロナウイルスが皮膚に付くと、9時間はウイルスが生存していることです。
新型コロナウイルスが付着した状態の手を洗わず、目や鼻や口に触れると感染すると考えられています。


感染したら汚水などを流すときも要注意

新型コロナの症状では激しい咳などの症状をイメージされがちですが、嘔吐、下痢、腹痛など消化器系の症状が出るといわれています。
また、感染者の内、約40%の患者の排泄物から新型コロナウイルスが検出されるという報告もあります。
ただし、新型コロナウイルス丸ごとではなく、遺伝子の断片が発見されただけです。まれに感染の可能性がある新型コロナウイルスが見つかったという話もあります。頻繁ではありませんが、注意は必要でしょう。

また、トイレの汚水を流すと、ウイルスが舞い上がるという説もあります。
ただし、便で新型コロナウイルスに感染するかどうかは研究段階であり、明確な答えが出ている状況ではありません。新型コロナウイルスは、トイレ周辺に付着している可能性は十分あるため、日常的な予防を意識しましょう。


トイレ掃除はマスクや手袋で完全防備をして手洗いとうがいを徹底

自宅でも会社内で用を足す、トイレ掃除をする上でも、新型コロナ対策はしなければなりません。用を足すときでも、トイレ掃除でもマスク着用は必須です。
また、掃除をするときは厚手の手袋をしたほうがいいでしょう。飛沫などが目に入る場合もあるため、ゴーグルなども用意したほうが確実です。トイレ掃除専用の上着も用意してください。「大げさ」と思えるほどに対策をしなければ十分な予防ができないと考えたほうが無難です。

また、排泄後や帰宅したときやトイレの掃除後は水道水で手洗いやうがいを徹底してください。
基本中の基本は手洗いです。排泄後、帰宅後、掃除後は必ず手洗いをしましょう。手に新型コロナウイルスが付着した状態で、目をかく、唇を触るなどをすれば感染する可能性が非常に高くなります。

水道水などでの手洗いも重要です。
手や指に付着したウイルスは、15秒手洗いするだけでも1/100に減るとされています。石けんやハンドソープを使用して10秒もみ洗いし、15秒すすぐだけで、1万分の1減らせるのです。

うがいも新型コロナ対策として期待できます。
水道水は塩素が含まれているため、新型コロナウイルスが生きられる環境にはなっていません。のどや口内が乾いていると、感染のリスクが高まります。掃除前や掃除後はうがいをしてのど全体を湿らせることが予防につながるのです。


アルコール消毒液や表面活性剤(界面活性剤)が有効

アルコール消毒液や表面活性剤を常備しておくとよいでしょう。アルコールは濃度70%以上、95%以下のエタノールが有効とされています。ウイルスの膜を破壊することで無毒化できるからです。

アルコール消毒液は、トイレ掃除以外にもさまざまな個所で使えます。トイレのフタ、便座や便座カバー水洗レバー、スイッチやドアノブや手すりなどでこまめに活用をおすすめします。掃除以外にも帰宅時など、手を清潔する目的でも活躍してくれるでしょう。

また、家庭用洗剤の主成分である表面活性剤が、新型コロナに有効とされています。新型コロナウイルスの膜を壊すことで無毒ができるからです。表面活性剤の中でも「直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム」や「アルキルグリコシド」、「純石けん分(脂肪酸カリウム・脂肪酸ナトリウム)」など9種類が有効とわかっています。新型コロナ対策以外に掃除などで使えるため、積極的に活用しましょう。


トイレが壊れたとき新型コロナが怖いと感じたら岡山水道職人

トイレ掃除も含め、普段から新型コロナの予防は徹底することが重要です。家や会社ではマスク、手洗いやうがいなどを徹底しましょう。
ただ、トイレの排水溝が詰まった、便座を外す必要に迫られたとき、新型コロナのことも考えると不安になるものです。そんなときは無理せずプロであるおかやま水道職人にご相談ください。

岡山市のほか、倉敷市、美作市、岡山県全域で水まわりトラブルの解消を行っています。お電話一本で現場へ駆けつけ、原因を究明し対応いたします。トイレの水漏れや詰まりなど水まわりのお困りごとなら、ぜひ当社へご連絡ください。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315