【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 自力での修理は可能?ご家庭での水道トラブルにお困りの時は

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

自力での修理は可能?ご家庭での水道トラブルにお困りの時は

2021年07月01日 水道トラブル


キッチンやトイレ、浴室など、毎日使う水道ですが、ある日突然思いもよらないタイミングで水漏れや水詰まりを起こすことがあります。
急に水が漏れたり詰まったりするとパニックになってしまうかもしれません。

しかし、原因を把握することや、素早く元栓を閉めることが大切です。
今回は、水漏れ、水詰まりの主な原因と自力での修理方法について紹介します。


お家で起こる主な水道トラブル

家の中にはキッチンだけではなく、トイレや洗面台、浴室などのさまざまな場所に水道があります。
日々の生活の中で、起こりやすい水回りのトラブルと言えば水漏れと、排水管の水詰まりではないでしょうか。

普段何気なく使っている水道や水道管にトラブルが発生し水が漏れたときには、焦らずに止水栓を閉め、水が詰まってしまったときは速やかに水を止めて対処しましょう。

・水漏れの主な原因
蛇口からの水漏れの多くは、ナットの緩みや、パッキンやケレップなどの水道内部にあるパーツの経年劣化や破損が原因で起こっています。
蛇口には、「ハンドル式」と「レバー式」の2種類があり、水漏れしやすい箇所にも違いがあります。

ハンドルが温水用と冷水用の2つある「ハンドル式」での水漏れしやすい箇所は、「ハンドルの下」、「水が流れるパイプの付け根」、「壁と偏心管の間」、「壁付き蛇口の取り付け部分」、「吐水口」です。

レバーの向きによって温水と冷水を調節できる「レバー式」での水漏れしやすい箇所は、「レバーの下」、「スパウト周辺」です。

キッチン台の下にある止水栓の漏れは、水浸しになってから初めて気が付くこともありますので、定期的に水か漏れていないか点検しましょう。
内部部品の経年劣化や破損によって水漏れしている場合は、新しい部品に取り換えることで修理できる可能性があります。

・水詰まりの主な原因
排水溝や排水口内では、汚れが溜まることで水詰まりが発生しやすくなります。
何年も掃除などのお手入れをしていないと、汚れが排水溝や排水口内に付着して排水口内をどんどん狭くしてしまいます。

また、雑巾や大きな食材などの固形物を誤って流してしまうのも、水詰まりが発生する原因です。

排水溝、排水口に固形物を詰まらせてしまったことによる水詰まりは、詰まっている物を取り除けば解決されますので、真空ポンプやラバーカップなどを使って詰まりを押し流しましょう。
しかし、押し流してしまうため、詰まっていた物を回収することはほぼ不可能です。


自力で水漏れを修理する方法

水道内部にあるケレップやパッキンの経年劣化や破損が原因で水漏れが起こっている場合、パーツを新しいものに取り換えるだけで修理できます。
手順としては、まず始めに水道の元栓と止水栓を閉めます。
水道の元栓と止水栓の位置は戸建て、集合住宅によって違いますので、いざとなった時の為に日頃からどこにあるのかを確認しておきましょう。

次に、ハンドルや、吐水口と水栓を繋ぐナットを取り外してケレップやパッキンを交換します。
新しいパーツに交換した後は、分解した逆手順で元に戻しましょう。
戻す際には、水漏れしないようナットをしっかり締めます。

水栓の根本から水漏れしている場合には、単水栓を反時計方向に回して取り外し、給水管の汚れをきれいに掃除すれば改善される可能性があります。

自力で水詰まりを修理する方法
原因が汚れによる水詰まりだとわかっている場合には、市販の排水パイプ専用の薬品を使ってパイプ内の汚れを溶かせば詰まりを解消できる場合もあります。

まず、作業を開始させる前に必ずゴム手袋を装着しましょう。
排水溝の内と周囲に薬品を撒き、お湯で排水溝内に流したらそのまま詰まり原因が解けるまで30分から1時間放置します。
放置した後に水を流してみて、詰まりが解消していれば作業完了です。

ラバーカップで詰まりを解消する場合は、ラバーカップを排水溝や排水口に対して真上から当て、押し込んだり引き上げたりを繰り返し、「ゴボゴボっ」という音と共に水が流れ出したら完了です。


お家で水道修理をする際の注意点

水道修理を専門の業者に依頼すると費用がかかるため、できることなら自分で修理したいと考える方も多いでしょう。
水漏れの原因がはっきりしている場合にはパーツの交換など自分で修理しても良いのですが、分解する際に水道本体を傷める可能性があるということに注意しましょう。

薬剤を買って試してみても改善しない場合や、固形物が取り出せない場合は、基本的には専門の業者に頼んだほうが安心です。


トラブル防止には毎日のお手入れが大切

水漏れを気にするあまりに強い力でハンドルを閉めてしまうと、水道内のパーツの劣化に繋がってしまい、早い段階で水漏れが起きてしまいます。

水道トラブルを防ぐためには、ハンドルを強く締め過ぎないように注意することが大切です。
また、水詰まりを防ぐためには汚れが溜まらないように排水口を掃除するなどの日頃のお手入れが重要です。


岡山での水道トラブルならおかやま水道職人にご連絡ください

水漏れが起きた時に重要なのは、パニックにならずにまず元栓や止水栓を閉めましょう。
水漏れは放置すればするほど被害が広がってしまうため、水漏れを発見したらすぐに対応しましょう。

おかやま水道職人なら24時間365日トラブルに対応。県内全域にお電話一本で駆けつけます。
台所の水漏れなどの水回りでトラブルが発生したときには、お気軽にご連絡ください。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315