【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 正しい節水方法で水道代を節約しよう!

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

正しい節水方法で水道代を節約しよう!

2021年08月01日 トイレのメンテナンス


一般家庭の場合、普通に生活していると水道代は年間で約6万円以上の出費になります。
その中の約20%はトイレによるものだと言われており、正しい節水方法でトイレの水を節水することができれば年間の水道代も抑えられるのです。

今回はDIYで誰でも簡単にできるトイレの節水についてご紹介します。

正しい節水方法

トイレのリフォームをすれば簡単に節水はできます。
しかし、それだとリフォーム費用や時間もかかりすぐには節水することはできません。
実はトイレの水の節約はDIYで誰でも簡単にできるので、ぜひ実践してみてください。

・「大」「小」のレバーを使い分ける
一番簡単な節水方法です。
「小」は「大」に比べ2~3リットルほど少ない水の量で流れます。
男女関係なく、小の場合は問題なく「小」レバーで十分に流すことは可能です。

何も考えず、すべて「大」レバーで流すと毎回2~3リットルの水を無駄にしていることになります。
簡単にできるのでまずはこの方法から実践してみましょう。

・残り湯を利用
残ったお風呂のお湯をトイレの水に再利用ができます。
大洗浄時は6リットル、小洗浄の場合は3リットルの水が必要になります。

6リットルの水をトイレまで運ぶことは難しいですが小洗浄時は3リットルの水で流れるので大きめの容器に水を入れ、トイレにそのまま流しましょう。

お風呂から上がったあと、まとめてトイレまで運んでおくと流す際に浴室とトイレを行き来せず済みます。

・二度流しはしない
音が気になるからと言って二度流しは絶対に止めましょう。
トイレの二度流しは6~13リットルほどの水が無駄に流れてしまいます。

スマホのアプリで「音姫」のようなものがあるので、どうしても気になる場合はそういうツールを利用することをおすすめします。

・水洗トイレ節水器ロスカット
ホームセンターやインターネットの通販で買える節水専用グッズです。
水洗トイレのタンクに設置すると排水量を30%以上カットし、年間で約20,000円節約できます。
メンテナンス不要で半永久的に使い続けられ、TOTO方式・INAX方式などメーカー問わず使用可能です。

しかし、高い位置にタンクのあるトイレや、レバー操作のないトイレには使用不可となっており、購入する前に確認する必要があります。

・タンク内の浮き玉を調節
トイレタンクの中を見ると、タンク内の水量を調整している玉状の装置があります。
この玉を調節するとタンク内の水量を減らせます。
極端に少なくしすぎると流れが悪く、変な音を発する原因になるので注意しましょう。


節水トイレにリフォーム

少ない水で流すことのできる節水トイレですが、節水トイレにはメリットもデメリットもあります。
水道代を節約できることはもちろん、トイレの表面がなめらかに加工されているのでお掃除が楽にできます。

しかし、デメリットも存在します。
節水トイレは流れる水が少ない分詰まりやすく、普段からトイレットペーパーの量を考えて用を足さなくてはなりません。

また、リフォームする場合はそれなりの費用もかかってきます。
数万円ではリフォームできないので、数年かけないと元をとることはできません。

このようなことも含め、節水トイレにリフォームするか考える必要があります。
安い買い物でないため、リフォームする際は各メーカーに見積もりを取り寄せ、よく相談しましょう。


間違った節水方法

次に間違った節水方法を紹介します。
現在この方法で節水している場合はすぐに止めて、上記の正しい節水方法に切り替えましょう。

・トイレタンクにペットボトルを設置
ネットの記事や、口コミなどで節水方法にはタンクにペットボトルを設置することがあげられますが、この方法は間違いです。
ペットボトルやビール瓶、質量の多いものをタンクに入れてしまうと、タンク内の部品に接触し正しい洗浄ができなくなってしまいます。

他にも水が止まらなくなってしまう場合や、陶器のタンクが破損してしまうなどトラブル発生の種になります。
最悪の場合、排泄物がきちんと流れず詰まったり、雑菌が繁殖し悪臭の原因になったりと衛生面でも非常に厄介です。

こういった問題を未然に防止するためにも正しい節水方法で水を節約しましょう。
トイレのリフォームをしなくても「大」「小」レバーの使い分けや、残り湯の使用、設置するだけで半永久的に節水できる節水器などで簡単に節水できます。

タンク内にペットボトルや質量のあるものを置くなど、間違った節水方法は詰まりや雑菌の繁殖などのトラブルにつながるので今すぐに止めましょう。
正しい節水方法で水を節約しましょう。


水回りのトラブルはおかやま水道職人へご連絡ください!

おかやま水道職人は岡山市、倉敷市、津山市、新見市、美作市など岡山県全般で水回りのトラブルを解決しています。

トイレに関することはもちろん、浴室やキッチン、洗面所等ほかの水トラブルの際にもお気軽におかやま水道職人にご連絡ください。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315