【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 流れない!トイレが詰まる原因と対処法

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

流れない!トイレが詰まる原因と対処法

2021年08月20日 トイレのつまり


よくある落とし物によるトイレ詰まり

水回りのトラブルで困るのが、トイレの便器が詰まった時です。無理に流そうとすると汚水が逆流してしまうケースもあり、パニックになってしまいます。トイレの詰まりは、原因によっては自分ですぐに直せます。慌てずに落ち着いて対策を確認することが大切です。

・おむつや生理用ナプキン
うっかり落としてしまうケースが多いのが、おむつや生理用ナプキンです。おむつ交換時のおしりふきシートをトイレに流そうとして、誤って手に持っていたおむつまで流してしまうと、水が流れなくなります。おむつやナプキンには吸水性ポリマーなどが含まれるため、水を吸って大きく膨らむと、便器の奥に詰まってしまいます。

・携帯電話
トイレやお風呂でも、携帯電話が手放せない方は意外と多いものです。トイレの中で膝の上やタンクの上などに一時的に置いた際に誤って便器の中に落とすと、詰まりや便器破損の原因になります。

・ペットのトイレ砂
猫やハムスターなどのトイレ砂も、便器に詰まりやすいものです。ペットのトイレ砂には、流せるものと流せないものがありますが、基本的にどちらもトイレに流すことは避けてください。流せる商品であっても、大きな塊やペットの毛などが付着していると、トイレ詰まりの原因となってしまいます。

・プラスチック用品
消臭スプレーのキャップや、子どものおもちゃなどもトイレ詰まりの原因になります。狭いトイレでは、うっかり落とした小さなプラスチックが便器に入ってしまいがちです。不安定な場所に置いたスプレーのキャップや、遊び途中の子どもが持っているおもちゃなどにも注意してください。

トイレットペーパーやお掃除シートも詰まることがある

流せて当然だと思っているトイレットペーパーやシート状のトイレクリーナーも、場合によっては詰まってしまいます。もし、便器の奥の方から異音がして、いつもより便器内の水位が高い場合は、こうした紙類が詰まっているかもしれません。自宅のトイレの状況によって、ペーパー類の流し方にも注意することが重要です。

・量によっては詰まる場合もある
トイレ詰まりの大きな要因と言われるのが、トイレットペーパーの使い過ぎです。トイレットペーパーは、水で簡単にほぐれます。しかし、一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうと、詰まってしまうためご注意ください。

・水流が弱いトイレは注意
一度にたくさんのトイレットペーパーを使っていなくとも、トイレの水流が弱い場合には詰まりの原因となります。マンションなどの集合住宅では、流れる水の量が少なく流す力が弱いかもしれません。また、タンクレスタイプのトイレや、節水タイプのトイレでは、水量を抑えているために詰まりやすいのが弱点です。

・流せるはずのお掃除シート
シートタイプのトイレクリーナーや、おしりふきシートなどにも注意してください。流せるタイプの商品であっても、トイレットペーパー同様に、使用量やトイレの水量によっては流れずに詰まります。特に、しっかりとした厚手のシートを使用している場合は配慮が必要です。

すぐに解決できる?

早くトイレを使いたい時はもちろん、臭いも気になるため、一刻も早く治したいのがトイレのトラブルです。便器の詰まりは、詰まっているものによっては自分で直せます。まずは、止水栓を閉めて、ウォシュレットの電源プラグを抜くところから始めましょう。

・水でほぐれやすい紙は自分で対処可能
トイレットペーパーやシートタイプのトイレクリーナーが詰まっているならば、自分で直すこともできます。ラバーカップ(スッポン)を使い、ワイヤーハンガーを細く伸ばしたものを便器の奥に差し込みます。50℃ほどのぬるま湯で、詰まった紙を柔らかくする方法も試してみてください。

注意したいのが、熱湯を使用して便器が割れてしまい、水を流し過ぎて逆流させてしまうといったさらなるトラブルです。自分での解決が難しいと感じたら、無理をせず専門の業者に依頼することをおすすめします。

・奥に詰まったおむつやプラスチックは修理業者に任せる
トイレットペーパーと違って水に溶けることのない固形物は、奥に入ってしまう前に取り除くのが理想的です。ビニール手袋やポリ袋で手を保護してそのまま拾い上げるか、割りばしなどを利用して掃除をします。手が届かない場所に詰まっている場合には、さらに奥に入り込んで被害が大きくなる前にプロの業者に依頼するのがおすすめです。

紙類だからといって無理に流そうとすると、便器や排水管を壊してしまう恐れがあります。小さな子どもなどは、プラスチックなどを流せないことを知らないかもしれません。流して良いものはトイレットペーパーとシートクリーナーだけであるという認識を、家族で共有しましょう。

自分で直せないトイレ詰まりは、おかやま水道職人にお任せください

自分で直せない深刻なトイレ詰まりには、高圧ポンプでの洗浄や部品交換作業などプロの作業が安心です。おかやま水道職人では、緊急トラブルにも24時間365日、丁寧に対応します。岡山市、倉敷市、津山市、総社市、高梁市、新見市など岡山県全域の水回りの修理は、おかやま水道職人へお任せください。まずは、無料の見積もり相談からお待ちしています。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315