【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 水道のつまりに使える道具や直す時の注意点を解説

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道のつまりに使える道具や直す時の注意点を解説

2021年08月13日 水回りの豆知識


さまざまな原因で発生する水道のつまり。水道は生活に欠かせないもののためすぐにでも直したいもの。しかし業者に依頼するとお金や時間がかかります。つまりの原因によっては自力で直すことも可能です。

そこで今回は水道のつまりを直すために使える道具とその使い方、自力で直す際の注意点をご紹介します。

水道のつまりに使える道具と使い方:ラバーカップ

「スッポン」と呼ばれることもあるラバーカップ。トイレのつまりを直す際に使用されることが多い道具ですが、水道のつまりを直す道具としても活躍します。ラバーカップは使い方も簡単で、比較的安価に購入できます。

そんなラバーカップの使い方をご紹介します。まず、棒の先端についているゴム製の半球形のカップを排水溝にぴったり当てます。その後、ゆっくりと押し付けて一気に引き上げる動作を数回繰り返すことで、つまりが改善される場合があります。

なお、修理をする際はカップが浸かる程度の水を溜めてから行いましょう。水を溜めていなかったり、水の量が少なかったりするとラバーカップの機能が発揮されません。ゴム製の半球形のカップは複数のサイズがありますが、水道で使用する場合は小さめのものを選びましょう。

水道のつまりに使える道具と使い方:真空式パイプクリーナー

真空式パイプクリーナーもラバーカップ同様、トイレのつまりに使われることの多い道具です。一見ラバーカップと似ており、使い方もほぼ同じですが、ラバーカップに比べて吸引力が強いという特徴があります。ラバーカップでつまりが改善されなかった場合には、真空式パイプクリーナーで再度修理してみましょう。

使い方は真空式パイプクリーナーをぴったりと排水溝に当てます。その後ハンドルを押して水圧を加え、力を入れて引くとつまりが改善します。真空式パイプクリーナーも、カップが浸かる程度の水を溜めてから作業をしてください。

水道のつまりに使える道具と使い方:ワイヤー式パイプクリーナー

ワイヤーの先端にらせん状のヘッドが付いているワイヤー式パイプクリーナー。先端についたヘッドがゴミを取り除くことでつまりを改善できます。ワイヤーはさまざまな長さが販売されていますが、家庭用の場合は2〜3m程度の長さで十分です。また、ブラシ付きのものやワイヤーが収納式のものもあるため、予算や使いやすさでお好みのものが選べます。

ワイヤー式パイプクリーナーの使い方をご紹介します。まず作業を開始する前に、ビニールシート、不要なタオルや雑巾、新聞紙などを多めに用意しておき、手にはビニール手袋を着用しておきます。準備ができたら、ワイヤーに付いている固定ネジを緩め、水道管にゆっくり入れていきます。

徐々に入れていきワイヤーが入らなくなったら、つまりの原因になっているゴミに到達した合図です。その地点でワイヤーの固定ネジを締め、クランクハンドルを回してワイヤーを回転させます。その後ワイヤーを持っている手とは反対の手で雑巾をワイヤーに被せて持ち、ゆっくりとワイヤーを引き上げていきます。ワイヤーがすべて出たら、ヘッド部分に付いた汚れも拭き取って完了です。

水道のつまりを直す時に気をつけること①洗剤の取扱い

ここまで水道のつまりを解消できる道具をご紹介しましたが、パイプクリーナーなどの洗剤を使う方法もあります。パイプクリーナーを使えば、洗剤を水道管に入れて放置するだけのため、作業も簡単です。しかし、洗剤を使う際は取扱いに注意し記載されている説明書どおりに扱わなければなりません。

特にパイプクリーナーは異物を溶かす洗剤です。万が一手や衣類についた場合は速やかに洗い流し、放置しないようにしましょう。また、製品によっては換気をしていない部屋で使用すると、体に害を及ぼす危険もあります。十分に換気をしながら作業をしましょう。

水道のつまりを直す時に気をつけること②無理して取り外さない

ワイヤー式パイプクリーナーは、水道管にワイヤーを入れてゴミを取り除きます。しかしつまりを直す方法の一つに、水道管を取り外して直接掃除をする方法があります。

水道管を取り外すためには、レンチやドライバーなどの専用の工具が必要です。レンチやドライバーはホームセンターなどで購入できますが、素人が水道管を扱うと元通りに戻せなくなくなるなど、より状況が悪化してしまう危険があります。自分で修理できる自信がない場合は、水道管を取り外す修理は避けましょう。

自力で直せない場合は専門業者を頼りましょう

今回ご紹介したように、水道管のつまりは自分で修理できる場合もあります。しかし無理に自力で直そうとするのは危険です。つまりの原因が分からない場合や、修理をしてもつまりが改善しない場合は、自力で解決しようとするのではなく専門業者に依頼しましょう。

岡山県内で水道修理の専門業者をお探しの方は、おかやま水道職人にご依頼ください。おかやま水道職人は井原市や新見市など、県内全域にお電話一本で駆けつけます。現場の状況を確認し、見積もりと修理内容にご納得いただいてから作業に入るため安心。

お見積もりは無料、お電話は24時間365日受け付けており、お見積もり、キャンセル料は無料です。まずは一度お気軽にご相談ください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315