【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » トイレの排水管が原因で発生する水漏れの対処法や応急処置を紹介

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの排水管が原因で発生する水漏れの対処法や応急処置を紹介

2021年08月25日 トイレのトラブル


トイレを丁寧に使用していても、水漏れは発生します。床が水浸しになるような水漏れではなくても、少し床に水が溜まっていて不安に思っている人は多いのではないでしょうか。トイレの排水管は直接目で見て確認するのが難しいため、不具合があってもなかなか気づけません。本記事では排水管の不具合で発生する水漏れについて、原因や対処法をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

水漏れの原因と対処法

排水管による水漏れは主に2つの原因で発生します。

・つまりによって発生する水漏れ
つまりが発生した場合、便器内の水が増加し、水漏れが発生します。一目でつまりとわかるため、原因はわかりやすいです。つまりは流してはいけないものを流したときに発生します。トイレに流すものは基本的には、すぐに水に溶けるものしかありません。

しかし、トイレットペーパーが切れているからとティッシュを使ったり、鍵や小銭などを落としたりする人もいます。鍵や小銭はもちろん、ティッシュも水に溶けないため、つまりの原因になります。とくにティッシュを流す人は多く、水に流せると記載がある製品以外は流さないように気を付けましょう。

また、水に溶けないものを流していなくても、尿石のような汚れが溜まっている場合もあります。とくに節水のために流す水の量を減らしている場合、汚れがきちんと流れず、少しずつ蓄積していく場合があるのです。

大量のトイレットペーパーを一気に流したときも、つまりが発生する可能性があります。汚れや異物が少しでも溜まると、そこに新たな汚れが付いていくため、水に溶けにくいものは流さない、水はしっかり流すの2点は日頃から意識しましょう。

つまりが発生した場合はラバーカップを使うのがおすすめです。ラバーカップはスッポンとも呼ばれている、棒の先端に半球型のゴムが付いた道具です。ラバーカップは排水口の部分にゆっくり当て、十分に押し込んだら一気に引っ張ります。

水が飛び散る可能性もあるため、捨ててもいい布や紙を敷いてから作業をしましょう。勢いよく押し込んだり引っ張ったりするのは、誤った使い方です。異物を奥に押し込むと、排水管を破損させる恐れもあります。

・排水管の破損
排水管が破損していると、そこから水が漏れ出します。排水管に異物を流すことで傷ついたり、経年劣化で故障したりします。便器内に水が溜まっていないのに床が濡れている場合や、異臭を伴っている場合は排水管が原因の可能性が高いです。また、排水管に破損はなくても、ネジやナットが緩んでいる場合もあります。排水管のトラブルは、床や壁を外して作業する必要があるため、自分で対処するのは難しいです。

トイレで水漏れが発生したときの応急処置

トイレで水漏れが発生した場合、まずは水を止めましょう。トイレの止水栓は壁や床に設置されています。排水管の破損やつまりの場合は、便器内に水が溜まっている場合は止水栓を閉めても水漏れは止まりません。

しかし、原因が他にある場合に水漏れを防げたり、誤って水を流して水漏れや破損を悪化させるのを防げたりとメリットがあるため、止水栓を閉めておくべきです。止水栓が見つからない場合は、元栓を閉めましょう。家全体の水を止めるため、キッチンや洗面所でも水を使えなくなります。

水を止めたら、水が漏れている場所に布や紙を当てて被害範囲が広がらないようにしてください。床が濡れている場合はできるだけ早く拭いて乾燥させます。濡れたまま放置すると床の腐敗につながります。また、表面的には問題がなくても、床下や壁の中にカビが発生する場合もあるため、水分を放置するのは厳禁です。

排水管のトラブルは業者に依頼しましょう

排水管がトイレットペーパーや汚れでつまっている場合はラバーカップで対処できます。しかし、排水管が破損している場合は自分で対処するのは困難です。放っておくと被害が拡大し、集合住宅の場合は階下の部屋に浸水したり、損害賠償を請求されたりする可能性があります。応急処置が終わったら、すぐに業者に相談するようにしましょう。

・賃貸物件に住んでいる場合
賃貸物件に住んでいる場合は、水道修理業者に依頼する前に管理会社に相談しましょう。管理会社によっては特定の水道修理業者と提携している場合があり、自分で勝手に業者に依頼すると費用が全額負担になる可能性があります。

管理会社に連絡してから修理すれば、経年劣化や過失のない故障の場合は管理会社に費用を負担してもらえる可能性が高いです。契約内容に詳細が記載されているので、あらかじめ確認しておくと安心できます。

トイレの水漏れはおかやま水道職人まで

トイレの水漏れはすぐに対処しないと臭いや腐食などさまざまな2次被害を引き起こします。おかやま水道職人は24時間相談を受け付け中です。岡山市、津山市、玉野市、備前市、浅口市など岡山県内で活動しているため、1時間以内に駆け付けます。アフターケアや支払い方法なども充実しているため、作業後も安心です。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315