【水道局指定工事店】岡山のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 自分で洗面ボウルをきれいに掃除する

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

自分で洗面ボウルをきれいに掃除する

2021年10月28日 洗面所


洗面所の洗面ボウルには、歯を磨いたり顔を洗ったりすることで、どんどん汚れが蓄積されていってしまいますが、洗面ボウルは自分でも簡単に掃除できます。
問題なのは、どのような方法で掃除するかですが、汚れに応じて掃除方法を変えるというのが正しい方法です。

今回は、洗面ボウルを自分できれいにする簡単な方法や、正しいと思われがちな間違った掃除方法を紹介していきます。

メラミンスポンジは使用不可

洗面ボウルを簡単に掃除する方法としてはいくつかあるのですが、正しいと思って行っていた掃除方法が実は間違っていたという場合があります。
例えば、洗面ボウルの掃除にメラミンスポンジを使う人がいます。
メラミンスポンジは軽くこすっただけで簡単に汚れを落とすことができるからでしょう。

しかし、メラミンスポンジは洗面ボウルをキズ付ける原因になることを知っているでしょうか。
メラミンスポンジというのは、簡単に言えば水に濡らすだけで研磨のできるものなのです。
そのため、使用してよい場所と、あまり使用するべきではない場所があり、洗面ボウルは使用しないほうがよい場所なのです。

ただし、洗面所に設置されている蛇口には使用して問題ありません。
もし洗面所の蛇口が汚くなっていた場合には、メラミンスポンジでやさしくこすり洗いしましょう。

鏡には、洗面ボウルと同様にキズの原因になるので、使用してはいけません。
洗面ボウルや鏡は、クエン酸水とスポンジで掃除をするときれいになります。
その理由は、洗面ボウルや鏡には水垢や石鹸カスがこびり付いており、これらはアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸水を使うときれいに落とせるからです。


クエン酸と重曹とを使い分けた掃除方法

洗面ボウルにメラミンスポンジを使った掃除方法は適していないと解説しましたが、では、どのような掃除方法が適しているのでしょうか。
それはクエン酸と重曹とを使い分けて掃除をする方法です。

クエン酸は酸性なので、洗面ボウルに付着していることが多いアルカリ性の汚れである水垢や石鹸カスなどを落とすのに適しています。
それに対して重曹はアルカリ性なので、酸性の汚れである手垢や皮脂などに効果的です。
洗面ボウルには皮脂や手垢なども付着していることが多いので、クエン酸と重曹の両方を使い分けるのがよいのです。

クエン酸も重曹もそのまま使用するのではなく、クエン酸はクエン酸水を作り、重曹も同じように重曹水を作って、スプレーにして使うのがよいでしょう。

作り方はどちらも一緒ですが、使用する割合が異なります。
クエン酸スプレーは小さじ1杯のクエン酸に対して200ミリリットルの水を混ぜますが、重曹スプレーは小さじ2杯の重曹に対して200ミリリットルの水を混ぜます。
どちらもよくかき混ぜておき、汚れの気になる部分に塗布しましょう。
後はスポンジでこすれば、中性洗剤を使用しても落ちにくい汚れをしっかりと落とすことができるでしょう。


排水口も忘れずにきれいにする

洗面ボウルには排水口があります。排水口はとても汚れやすいので、当然ながら掃除が必要です。
どのように掃除すればよいのかというと、ゴミ受けが設けられているタイプであれば、まずゴミ受けに溜まったごみを捨てましょう。
次にゴミ受けをブラシでこすってぬめりなどを取り除きます。

ゴミ受けだけではなく、排水管もきれいにしておかないといけないので、そこには重曹とクエン酸を使用します。
重曹は重曹スプレーではなく、粉の状態のままでたっぷりと振りかけ、上からクエン酸水をかけます。
クエン酸水の代わりにお酢を使用しても問題はありません。
そうすると泡が立ってくるので、5分ほど放置してから洗い流せばきれいになります。

しかし、しばらく掃除をしていない場合は重曹とクエン酸を使用してもきれいに落ちないことがあるので、その場合には液体のパイプクリーナーを使うのがよいでしょう。
液体のパイプクリーナーは漂白剤と同じく強力な製品なので、ゴム手袋の着用や換気をしっかりとするなど、注意して使用しなければいけません。

普段は重曹とクエン酸で掃除をして、ときどき液体のパイプクリーナーを使って掃除をすれば、滅多に排水管が詰まってしまうことはないでしょう。
それでも排水管が詰まってしまった場合には、分解して掃除しないと解消できないケースが多いです。

賃貸住宅であれば自分で行うのではなく、管理会社や大家に連絡をして、業者に作業をしてもらったほうが確実で安全です。


おかやま水道職人なら水の詰まりも一発で解消

長年水回りを使用していると、どうしても排水管が詰まってしまうことがあります。
自分で対処しようとしても、どうにもならない場合もあるでしょう。
そんなときにはおかやま水道職人まで連絡してください。

岡山市や玉野市、倉敷市、真庭市、笠岡市、津山市、玉野市、赤磐市などの岡山県の広範囲に出張が可能です。
水の詰まりもすぐに改善できますので、「水の流れがおかしい」と感じたら、すぐに連絡をいただきたいと思います。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315