岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 水道の蛇口は自分で交換可能!キッチンや洗面所など場所別にご紹介

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道の蛇口は自分で交換可能!キッチンや洗面所など場所別にご紹介

2020年09月30日 蛇口のトラブル
1

水道の蛇口は、自分で交換できます。専門業者を呼ばずに済めば、出費を抑えられるでしょう。ただ手順が分からないと、作業に手間取るかもしれません。
そこで今回は、蛇口交換の基本的な流れや場所別の交換方法をご紹介します。

蛇口交換の基本的な流れ

蛇口交換の基本的な流れは、大まかに1.止水栓の閉鎖、2.蛇口の交換、3.止水栓の開放の順番です。

・止水栓の閉鎖
蛇口を交換する前には、必ず止水栓を締めてください。この作業を怠ると、古い蛇口を水道から取り外したとき、水があふれ出します。

止水栓が設置されている場所は、たいてい水道設備の周辺です。マイナスタイプやハンドルタイプが見られますが、いずれも時計回りに動かすと閉まります。マイナスタイプは、マイナスドライバーで操作しましょう。

・蛇口の交換
止水栓をしっかり閉めたら、次は蛇口の交換です。古い蛇口は、反時計回りに動かすと取り外せます。手でも分解できますが、固くて動かないときはスパナやモンキーレンチを使ったほうが簡単です。

古い蛇口の分解後、設置部分がゴミやサビで汚れていたら歯ブラシを使って掃除しましょう。掃除を済ませ分解とは逆の手順で新しい蛇口をしっかり取りつければ、交換作業は完了です。

・止水栓の開放
部品交換を終えたら、忘れずに止水栓を開いてください。最後に蛇口をひねり、水が問題なく流れるか、また水漏れはないか一通りチェックしましょう。


キッチンの蛇口の交換方法

キッチンの蛇口を交換する方法は、設置されているタイプが壁付か台付かによって異なります。

・壁付
壁付は、蛇口が壁に取りつけられているタイプです。蛇口の種類は、水のみ出せる単水栓と水とお湯をセットで使える混合栓に分けられます。

単水栓は、蛇口の設置部分を掃除したら新しい部品の根元に水漏れ防止用のシールテープを巻きます。巻く回数は、5~6回が目安といわれています。蛇口を取りつけているとき左に戻すとテーブが傷んで水漏れを招くので、巻き直しましょう。

混合水栓の場合、古い蛇口だけでなく水栓本体を取りつけるクランク(取付脚)も分解します。クランクにシールテープを6~7回ほど巻いたら元通り壁に設置し、新しい蛇口を取りつけます。

・台付
水道が台に設置される台付は、大きく分けてワンホールとツーホールの2タイプです。いずれも、配水管との接続部分や水栓本体の根元にあるナットを工具で外すと蛇口を引き抜けます。

ワンホールは、新しい蛇口を上面施行アダプタにしっかり固定してください。ツーホールなら蛇口を穴に置いてからパッキン、座金、ナットを順番に取りつけ、上面施行アダプタに固定します。最後に問題なく水が出れば、交換終了です。


洗面所の蛇口の交換方法

洗面所の水道には、台付のワンホールやツーホールがよく使われています。ワンホールは設置台の穴が1つ、ツーホールの場合には2つです。

・ワンホール
ワンホールの蛇口は、手で押さえながら反時計回りに動かすと取り外せます。水栓本体を分解したら、一通りの汚れを落しましょう。ネジ部分のサビやシールテープとともに、配管内にたまったゴミや砂も取り除きます。

新しい蛇口は、時計回りに取りつけます。工具で固定する際には、水平になっているか意識しましょう。シールテープは、クランクのネジとは逆方向に5~10回を目安として巻きつけます。最後に、水が問題なく流れるか確認してください。

・ツーホール
ツーホールの交換方法は、基本的にキッチンの場合と大きく変わりません。配水管との接続部分や水栓本体の下にあるナットを外したら、古い蛇口を設置台から引き抜きます。

新しい蛇口もキッチンの水道と同様で、パッキンなどの付属部品を順番通りクランクに取りつけてから上面施行アダプタに固定します。最後に止水栓を開け、正常に水を流せれば終了です。


うまくできないときは専門業者に任せよう

自分で蛇口を交換すると、お金の節約につながります。ただ、いつでも簡単に作業できるとは限りません。うまく交換できないときは、専門業者に任せましょう。

・無理は禁物
自分で蛇口を取り替える際、無理は禁物です。新しい蛇口を設置するときには、水平に取りつけられないことがあります。工具を使ってもナットがスムーズに回らない場合、力まかせに作業すると問題ない部品まで傷めるかもしれません。

蛇口の設置不良や部品の損傷は新たなトラブルにつながり、修理費が高額になるケースも見られます。自分の手に負えなければ、専門業者に頼んだほうが賢明です。

・専門業者なら安心・確実
通常、専門業者は高い知識とスキルを身につけています。蛇口交換を任せても、速やかに作業を進められるので安心・確実です。

費用面に不安があるときは、事前に見積りを用意してもらいます。複数の見積もりを比較すると、良心的かどうか判断しやすくなります。見積もり内容に納得できたら、業務を依頼しましょう。


まとめ

水道の蛇口は、基本的に古いものを新品に取り替えれば完了です。手順が分かれば自分でも交換できますが、いつでも簡単に終えられる保証はありません。交換作業が難しいと感じたときには、おかやま水道職人までご連絡ください。

おかやま水道職人は倉敷市、津山市、瀬戸内市をはじめ、北区、南区、中区など岡山市で水に関わるトラブルを解決している水道修理のプロです。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315