岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » トイレの詰まりはどう修理する?原因と自分でできる対処方法

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの詰まりはどう修理する?原因と自分でできる対処方法

2021年02月04日 トイレのつまり
岡山_5

トイレが詰まると一大事です。
「流れなくなった」「水の量がおかしい」など、トラブル発生で考えられる原因と対処方法を知っておけば、いざというときにも安心です。
今回は、詰まりが起きた場合に個人でできるベストな方法をご紹介します。

トイレ詰まりの原因

トイレ詰まりの原因はさまざまです。
日常生活の中でやってしまいがちなのが、「便器の中に物を落としてしまった」というものでしょう。
また、流せると思っていたものが流せなかったなど、予想外のケースも考えられます。

1.落とした物を流してしまった
便器内に物を落とし、流してしまうことによって詰まりが発生してしまうことがあります。便器の構造に適したサイズのものであればそのまま流れていくこともありますが、大きさや形状によっては詰まりの原因になります。

携帯電話やスマホ、ハンカチ、ライター、消臭剤のキャップは落としやすいものとして用心しておきましょう。
小さなお子さんがいるご家庭では、おもちゃも要注意です。
可能なら、必要なもの以外はトイレに持ち込まないようにすると安心です。

もしも便器内に物を落としてしまったら、流さずに手早く取り出すことが第一です。
場所が場所だけに躊躇うかもしれませんが、詰まるよりは良いでしょう。
衛生面が気になる場合には道具を使って取り出して下さい。

2.大量のトイレットペーパーを流してしまった
トイレットペーパーは水に溶けるため、詰まりの原因として予想できないかもしれません。しかし実際には、大量に流すと詰まりを起こすことになります。

もしも大量のトイレットペーパーによる詰まりを起こしたのなら、慌てて何度も水を流すのはやめましょう。
効果的な方法としては、2~3時間、水を流さずに待つことです。
この間にトイレットペーパーが溶け、流れやすく詰まりにくい状態になります。


水に溶けないもの、詰まりやすいものに注意

トイレの掃除道具などで「水に流せるお掃除シート(トイレクリーナー)」といった種類の商品があります。
確かに水に溶ける性質なのですが、すぐに溶けるわけではありません。
大量に流すと溶けきれず、詰まりの原因になります。

他にも水に溶けない、詰まりやすいといった性質のものを落としてしまうと、やはり詰まりを引き起こす可能性が高くなります。
食べ残しや吐瀉物もその原因です。
どうしても流さなければいけないときには、こまめに水を流すなどの注意が必要です。

生理用ナプキンやおむつ、おしりふき、ペットシート、ペットのトイレ砂も水に溶けません。それぞれ適した処分方法で捨てるようにしましょう。


詰まったときの対処法

詰まってしまったとき、自分で対処が可能なこともあります。
「スッポン」と呼ばれるラバーカップを使った方法が有名です。
詰まりが軽度ならスッポンで対応可できるケースが多いため、自宅に1つあると安心です。以下の手順で対処しましょう。

1:床や壁、便器に汚水が飛ばないようにシートなどで覆う
2:ラバーカップを便器の排水口に押し込んで密着させ、勢いよく引っ張り上げる
3:便器内の排水がスムーズに行われるまで2を繰り返す
4:確認のためバケツでゆっくりと水を便器に入れ、流す


最後の確認は必ずバケツから水を入れます。
タンクから水を流すと水量が調節できないため、もしも詰まりがまだ解消されていなければ、便器内から溢れてしまう可能性があるからです。

なお、詰まりを自分で直すときの注意としては、市販のパイプクリーナーを使わないことです。
パイプクリーナーにはトイレの詰まりを解消する作用がありません。
また、パイプクリーナーの成分によって便器や排水管を傷めてしまうこともあります。


詰まりかけのサイン

便器の状態によっては、詰まりかけていることが分かるケースもあります。
以下のような症状が出たときにはトイレの詰まりをチェックするタイミングです。

・水を流したときに「ゴボゴボ」という異音がする
・流すと一時的に水位が上がり、しばらくすると下がる(通常の水位になる)
・手洗い管から少量でも水漏れがある


水を流したときの異音はトイレだけではなく、キッチンや浴室から聞こえることもあります。
生活の中で気づいたら注意しましょう。

流したときの水位の異常も要チェックです。
水の流れが不安定になっている場合、詰まりかけが起きていることがあります。
この時点でラバーカップを試してみるのも良い方法です。

手洗い管がついているタイプのトイレなら、手洗い管からの水漏れもよく見ておきましょう。
チョロチョロという少量でも水漏れを起こしていると、タンクの部品に不具合が出ている可能性が考えられます。
水流が悪くなることに繋がるため、気づいたら対処が必要です。
自分では対応できないと思うのであれば、業者に依頼しましょう。

おかやま水道職人では、水道トラブルの対応を365日行っています。
津山市、総社市、玉野市、笠岡市、真庭市をはじめ、岡山県内に広く出張可能です。
お見積もりを作業前に行い、その場でのキャンセルも可能なため、安心してご依頼頂けます。水回りのトラブルの際にはお気軽にご連絡下さい。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315