【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » トイレ使用時における新型コロナウイルスの感染予防対策

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレ使用時における新型コロナウイルスの感染予防対策

2021年03月05日 コロナウィルス
おかやま水道職人2

ご家庭も新型コロナの感染源となります

新型コロナウイルス(COVID-19)は家庭でも感染します。とくに帰省シーズンはリスクが高まりますが、普段の生活においてもリスクはあるのです。家族が多ければ多いほどリスクは増すので、自宅だからと安心はできません。

とくに注意したいのは密閉空間であるトイレや浴室であり、ウイルスが空気中を浮遊している可能性があります。密閉空間での感染リスクを予防するには、換気を徹底することが重要です。できれば常に換気扇を回しておくのが好ましく、窓を開ければさらに効果的です。窓を開けるときは全開にし、5~10分くらい時間をおきます。窓を開ける頻度は、可能であれば30分に1回が好ましいです。

なぜトイレは感染リスクが高いのか

自宅内という空間自体が密閉空間ではありますが、そのなかでもトイレはとくにスペースが狭いので、ウイルスが閉じ込められやすい性質があります。さらにトイレは触れる場所が多く、こうした場所が感染源になりやすいです。便器のフタや便座、洗浄レバーなどは、必ず触れる場所でしょう。触れるポイントが多いからこそ、家庭内でもリスクが高いのです。

トイレは使用頻度が多く、家族が多ければ1時間のうちに何度も使用するような状況もあるでしょう。当然ながら使用頻度に比例して、感染リスクは高くなっていきます。排泄物や嘔吐物などもリスクとなるので、これらを片付ける際は接触しないようにしましょう。下痢をしている家族がいる場合はとくに注意が必要になります。

トイレ掃除をするときはゴム手袋着用が必須であり、そのうえでマスク着用をするのがベストです。トイレに長時間いるような状態は感染リスクが高まるので、とくに掃除するときは注意してください。

手洗いは感染リスク防止の基本です

新型コロナウイルスは洗い流すことで感染リスクを抑えられます。家族との共用部分はとくに注意が必要ですから、例えばトイレの取っ手、ペーパーホルダー、洗浄レバーなどを触れたあとは、必ず手洗いをしてください。冷水だと手が冷えますから、ぬるま湯で洗うのがおすすめです。冷水で洗うと冷たいので、必然的に洗浄時間が短くなる可能性が高いです。また冷水はぬるま湯と比べて洗浄力が劣ります。

水道水で洗ったあとは手をしっかり拭いておく必要があるので、ペーパータオルを使用しましょう。ない場合はキッチンペーパーで代用できます。ティッシュペーパーの場合は、繊維がほぐれやすいので手を拭くには適していません。家族共用のタオルは感染リスクとなるので、使用しないようにしましょう。タオルにウイルスが付着しており、その手でお菓子などをつまんで食べると、体内にウイルスを取り込んでしまいます。

消毒するために役立つアイテム

殺菌作用のある石鹸を使用すれば、ぬるま湯だけで洗うよりもウイルス除去力が高くなります。石鹸には固形タイプと液体タイプがあり、後者は液剤に汚れが侵入しにくいメリットがあります。洗面所の蛇口はウイルスが付着する可能性があるので、アルコールや次亜塩素酸ナトリウム消毒液などで消毒しておきましょう。

トイレの取っ手やレバーなども消毒しておいてください。表面活性剤を使用した消毒は、アルコール消毒よりも確実性が低下します。表面活性剤のなかにはあまり消毒作用がないものがあるためです。

外出しなくてもうがいを意識しましょう

外出しなければうがいは不要と思うかもしれませんが、家族の誰かが新型コロナウイルス感染をしているリスクを想定するなら、うがいはしておく必要があります。ウイルスは口腔や喉粘膜に付着するので、うがいをして洗い流しておきましょう。口内もゆすぐようにすれば、感染リスクをさらに軽減できます。

一般的にうがいは喉の洗浄、ゆすぎは口腔内を洗浄することを指しています。さらに感染リスクを抑えたい方は、鼻うがいや洗眼なども並行してください。鼻粘膜や眼球などにもウイルスが付着してしまう可能性があるからです。

トイレ掃除中に注意したいこと

トイレ掃除を行うときは換気を徹底してください。掃除の際はゴム手袋を装着して行うようにします。汚水にはウイルスが含まれている可能性があるので、飛散させないように注意しましょう。ウイルスは目には見えなくても、さまざまな場所に存在している可能性があります。トイレの詰まりや水漏れ修理をするときに、ウイルスに接触してしまうケースもあります。

とくにトイレの詰まりの解消作業をする際は、リスクが高くなると考えてください。トイレの水が流れないときは、無理にラバーカップや真空式パイプクリーナーなどを使用せず、水道修理業者に依頼するのが得策です。

おかやま水道職人では、毎日の健康チェック、消毒、手洗い、うがい、手袋やマスクの着用などスタッフ全員コロナ対策には万全を期しており、安心してご依頼いただけます。営業エリアは岡山市、倉敷市、津山市、総社市などの岡山県全域で水回りのお悩みを解消しています。良心的な料金設定、素早い作業、丁寧な対応を心がけています。感染症の予防対策も徹底していますので、水トラブルのことでお困りならぜひおかやま水道職人にご連絡ください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315