【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » トイレのトラブルの代表格である詰まりの対処方法

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのトラブルの代表格である詰まりの対処方法

2021年03月05日 トイレのトラブル
おかやま水道職人5

便器によく落としてしまうもの

昔も今も携帯電話やスマホを落としてしまう人は少なくないです。トイレがくつろぎスペースという人は、便座に座りながら携帯電話やスマホを操作するケースが目立ちます。うっかり便器内に落としてしまうと、水没扱いになるので使いものにならなくなる可能性があります。ただし素早く取り出すことができれば復旧率が上がるので、確認できる場所にあるならすぐに取り出しましょう。

手が届きそうならゴム手袋を着用して取り出し、ちょっと奥まで進んでいるならスッポンを使ってみるのも手です。洗浄レバーを引いて奥まで流してしまったのであれば、スッポンで取り出すのはかなり難しいので、水道修理会社にお問い合わせしてください。

喫煙をする人ならライターを落としやすく、便座に座ったときにポケット内のライターがズレてしまい、そのまま落とすことがあります。ライターの場合は携帯電話やスマホよりも、落としたことに気づきにくいです。おもちゃ、消臭剤のキャップなどもよく落とす事例が認められています。

異音がする場合は調査をするのが得策

洗浄レバーを引いたときに、異音がする場合は要注意です。いつもと音が違うと感じられたら、便器や排水管で問題が生じていると考えられます。トイレットペーパーしか流していないのであれば、いずれは溶けて流れるようになります。

異音がするときは異物を落としたケースが多く、多くは不溶物や固形物を流しているはずです。異音がずっと続くようなら、水道修理会社に調査してもらってください。便器から奥に進行しているトラブルは、原因を自己判断することができません。便器の取り外しは一般の方でも可能ですが、それより先のトラブルはプロにまかせてください。

なお便器の脱着作業にはコツがあり、外すより戻すほうがずっと難しいです。作業中に排泄物や汚水がかかることもありえるので、慣れない人は作業を避けたほうがいいでしょう。いずれにしても異音を放置しておくと、トイレを故障させる原因になります。

ペーパーや流せる系であっても流しすぎは禁物

便器には狭くなっている場所があり、ここが詰まるポイントになります。トイレットペーパーを流しすぎると詰まるのはこのためです。ティッシュペーパーは非常に詰まりやすい性質があるので、トイレットペーパーの代わりに使用するのは避けましょう。トイレで使用するペーパーは、必ずトイレ用を使用してください。

流せるトイレクリーナーやお掃除シートなどは、少量に限って流すことができます。枚数が多くなるほど詰まりやすいので、何枚も流すような状況でしたら、複数回に分けて流しましょう。最近はペットシートやおしりふきなどにも流せる系が増えていますが、流すときは便器内を空にしておく必要があります。

すでに便器内にトイレットペーパーが大量に存在する状況では、流せる系のペットシートやおしりふきなどでも詰まる原因になります。繊維質のものは時間をおけばある程度ほぐれますし、薬品洗浄も効果的です。すぐに詰まりを解消したいときは、スッポンを使用してみるのもよいです。

ペットのトイレ砂には要注意

ペットを飼っている家庭では、トイレにペットのトイレ砂を流すという人が見られます。ペット砂は水分を含むと膨張する性質があり、トイレを詰まらせる原因になります。ペットシートに関しても、流せると記載がないものは流さないようにしてください。ペットの糞も人間のそれより詰まりやすいので、原則として燃えるゴミとして捨てましょう。

これらを流すと排水管を故障させる可能性があります

トイレに捨てると詰まりを招くものには、生理用ナプキンやおむつ、ハンカチなどもあります。これらはティッシュペーパーより確実に詰まりやすいです。市販の洗浄剤を投入するだけでは、ほとんど溶けない場合があります。これらは水を含むと大きくなるので、排水管を圧迫するのです。

圧迫が強くなれば破損させるリスクになり、そうなれば修理・交換を求められます。便器に入れてもよいのはトイレットペーパーだけだと認識し、それを厳守することがトイレの耐用年数を延ばすコツです。

流せるようで実はダメなもの

嘔吐物は排泄物と同様に、人間の身体から出るものです。そのため流しても大丈夫と認識する人がいますが、排泄物より詰まりやすいので流すのは避けましょう。緊急性を要する状況であれば便器内で吐くのは仕方ありませんが、頻繁に嘔吐する状況だと詰まりを招きます。食事の食べ残しに関しても、思いのほか詰まりやすいです。食べ物の油分は排水管を汚したり、狭くしたりします。食べ残しは燃えるゴミとして処分するようにしてください。

おかやま水道職人が対応しているのは、岡山市や倉敷市、津山市、総社市といった岡山県全域です。日常的に多発するトイレのトラブルを筆頭に、キッチンやお風呂、洗面所などの水漏れ・詰まり解消も得意です。常に丁寧で素早い対応をモットーとしておりますので、水のことならおかやま水道職人にご依頼ください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315