【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 台所のシンク下で水漏れが発生したときのチェックすべき箇所や修理方法について

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所のシンク下で水漏れが発生したときのチェックすべき箇所や修理方法について

2021年05月18日 キッチンのトラブル


シンク本体から水漏れが発生する原因と対処法

シンクはステンレス素材のため、そう簡単に穴が開くとは考えにくいかもしれませんが、錆びてしまうことでそこが穴になることは珍しくありません。特に同じ場所に長期間物を置いて、塩素系洗浄剤や漂白剤を頻繁に使用していると錆びてしまうのです。ステンレス素材だからといってまったく錆ができないわけではありません。

修理は補修パテを使用することになるでしょう。正確なシンクの破損箇所が確認できたら、穴の周囲をきれいに掃除します。紙やすりなどを使用して錆びている部分をしっかりと落とすようにしましょう。錆びたままの状態で修理してしまうと、補修パテを使用してもすぐに隙間が生まれてしまい水漏れが改善されない場合があるので注意が必要です。

周囲をきれいにしたら補修パテで穴を埋めて、30分程度放置しておくことで乾燥します。乾燥したら実際に水を流してみて、該当箇所から水が溢れてこなければ作業終了です。

ちなみに穴の原因が錆ではなく、シンク本体の劣化であれば今後別の箇所でトラブルが発生する可能性も少なくありません。専門業者などに交換を依頼することをおすすめします。

排水トラップから水漏れが発生する原因と対処法

排水トラップから水が溢れている際は、ホースとの間もしくはシンクとの間、どちらかに原因がある可能性が高いです。ただしどちらのケースであっても、内部にあるパッキンという部品が劣化していることがほとんどです。

これはゴムで作られていますが長期間の使用で固くなってしまい、結果として隙間が生まれてそこから水が溢れてしまいます。パッキンはホームセンターなどで購入可能なため、入手は容易ですが一応同じメーカー、品番の物を用意できると安心です。

パッキンを新しいものに付け替えるためには、一度排水トラップを取り外す必要があります。排水トラップには水が溜まっているので、事前に水を捨てておくことをおすすめします。接続部分はナットで締められているので、これを回してナットを緩めてください。

ホースを取り外すことに成功したら、排水トラップ本体を持ち上げることで取り外しが可能です。トラップの上部にパッキンがついているので、これを新品の物に交換します。最後は今までと逆の手順で部品を戻し、水を流して溢れてこないようでしたら作業終了です。

ホースのつなぎ目が原因の際は、パッキン交換後にホースを差し戻す作業が必要になりますが、手順は同じです。どちらの場合でも修理が不安な際は、業者に依頼して修理してもらいましょう。

排水ホースから水漏れが発生する原因と対処法

ホース本体から水が溢れている場合は、ヒビが入って穴が開いていることが多いでしょう。ホースはプラスチック素材なので、長期間使用するにつれて徐々に劣化していきます。

場所がシンク下でもあり、物をしまうときに何かぶつけてしまったりと、傷をつけてしまうこともあります。排水ホースに穴などができると、水を使用するたびに溢れてきてしまうので早急な対処が必要です。応急処置として防水性のあるテープを巻きつけるという方法もあります。

ただしこれはあくまでも応急処置にすぎないので、ホース本体を新しいものに交換した方が安全です。ホースを引き抜く際にはつなぎ目のカバーやキャップを先に取り外す必要があります。引き抜くときにはホース内部に残っている水がこぼれてきますので、勢いよく引き抜かないことが大切です。

排水トラップにもつながっているため、ナットを緩めて取り外します。このときも溜まっている水がこぼれてくることがあるため、布巾や雑巾を用意しておくとよいでしょう。ホースを外したら新品の物に付け替え、逆の手順で元の状態に戻し作業完了です。

給水管から水漏れが発生する原因と対処法

給水管から水が溢れてくるときにはいくつか考えられる原因があります。それはナットが緩んでいること、パッキンが劣化していること、蛇口とのつなぎ目に巻かれているシールテープが劣化していることのどれかです。

ナットの緩みが原因であれば修理は簡単で、緩んでいるナットをきつく締めなおすことで症状は改善されます。シールテープを交換する際は忘れずに止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めたら給水管と蛇口の接続部分に取り付けられているナットを外してください。

水が少し流れてくるかもしれないので、ここでも布巾や雑巾を用意しておくとよいでしょう。新しいシールテープを巻くときは、時計回りに巻くこと、ネジ山の先端部分は巻かないことに注意です。逆の手順で元の状態に戻したら、忘れずに水を流してみて溢れてこないことが確認できたら作業完了になります。

パッキンを交換する際もナットを外すところまで手順は同じです。古くなったパッキンを取り外し、新しく購入したパッキンを取り付けます。

台所のトラブルでお困りなら

おかやま水道職人は総社市、玉野市、笠岡市など岡山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽におかやま水道職人にお問い合わせください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315