【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 水のトラブル対処の流れを岡山の事例から紹介

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水のトラブル対処の流れを岡山の事例から紹介

2021年06月12日 水道トラブル


お家の台所やトイレから水漏れなどが発生すると、予期せぬ事態でパニックに陥りますよね。
しかし、水のトラブルはまずは落ち着いて対応することが肝心です。
今回は、水道に関するトラブルでの対処の流れを、岡山の水道トラブル事例もあわせてご紹介します。

業者を呼ぶ前にやる事①元栓・止水栓を止める

トイレや蛇口からの水漏れなど水道管周りのトラブルが起こったときはパニックになりますが、まずは落ち着いて水の流れを止めましょう。
水道の水の流れを止めるためには、元栓または止水栓を閉めます。

【元栓と止水栓の違い】
・元栓
家全体の水の流れを止める栓。水道やガスメーターボックスにあります。

・止水栓
一時的に給水を止められる栓。止水栓は、キッチンやトイレなどの個別に設置されています。

止水栓のある場所は、家の形態によってさまざまです。
戸建ての場合は、「量水器」「止水栓」「メーター」と書かれたメーターボックスに、マンションなど集合住宅の場合は、玄関扉横のガスメーターボックスの中にあります。

マンションなどの集合住宅の場合は、どの栓が自分の部屋なのかわからないケースもあります。
間違って閉めると他の部屋の水道を止める可能性があるため、必ず管理人や大家さんに聞いてから止めましょう。


業者を呼ぶ前にやる事①管理会社に連絡

賃貸物件の場合は、修理業者を呼ぶ前に物件を管理している管理会社に連絡しましょう。
管理会社を通していない場合は、物件を管理している大家さんに連絡します。

管理会社を通さずに、その間にいる不動産会社などに連絡してしまうと、対処が遅れたり逆にトラブルに発展したりするケースもあるため注意しましょう。
自分の部屋が原因で水漏れを起こした場合でも、他の入居者の方に連絡をとってトラブルに対処してくれるため、管理会社に対処を任せるべきです。

もしも、夜中に水のトラブルが起こってしまい管理会社とすぐに連絡がつかないときは、業者に連絡して対応してもらい話し合いを進めることになります。
その場合は、修理業者から領収書や診断書などを忘れずにもらうようにしましょう。


業者が来てからの手順

修理依頼の受付が済み、修理業者が来てからの流れは次のとおりです。

スタッフが家を訪問→状況を確認後、見積もり・説明→作業の開始→料金の支払い→作業完了

その場ですぐに修理できる状態の場合は、その日のうちに作業が完了するケースもありますが、修理に必要な部品を取り寄せるなどで作業完了までに日数がかかる場合があります。


屋外のつまりをとる事例|倉敷市児島稗田町の事例
屋外のつまりを解消した事例をご紹介します。

屋外の排水がつまったことが原因で、洗濯やお風呂で水を使用する際に、排水マスから水が溢れて水浸しになる、というご相談でした。
住まわれてから40年以上が経過していましたが排水管の清掃していないとのことで、排水管全体から蓋にいたるまで、油かすや土砂などの汚れが付着している状態でした。

排水マスに溜まった汚れを手作業で取り除き、高圧洗浄ホースで排水管に溜まった油かすをきれいに除去して、水が透明になるまで清掃を繰り返し行いました。
これまで溜まっていた汚れをきれいに落としたことによって、つまりが解消され水も勢いよく流れるようになりました。

●おかやま水道職人「岡山県倉敷市児島稗田町に屋外排水つまりの除去依頼にお伺いしました


再発した洗濯機のつまりをとる事例|岡山市中区
洗濯排水の詰まりを解消した事例をご紹介します。

こちらのケースでは、洗濯機を使用する際に洗濯排水から水が逆流し、洗濯パンに水が溜まるようになり、床が水浸しになったとのこと。
別の水道会社に汚れの除去作業を依頼し、その後もお客様ご自身で清掃していたものの再び詰まってしまいました。

洗濯排水のみが詰まりを起こしているため、洗濯パンの排水トラップを外し、高圧ポンプによって詰まり除去し、薬品を使用してクリーニングしました。
こちらのケースでは、洗濯排水と浴室排水が繋がっていたため、念の為に浴室排水のほうにも高圧ポンプと薬品でクリーニングしました。

●おかやま水道職人「岡山県岡山市中区原尾島に洗濯つまりの除去依頼にお伺いしました


お風呂の水漏れ、メーカー対応の事例|津山市瓜生原
浴室の水漏れを解消した事例をご紹介します。

こちらのケースでは浴室の蛇口からの水漏れが発生し、お客様ご自身で修理しようとしましたが、分解するのが難しく、依頼されたとのことでした。

水道の止水栓を止めてから問題の蛇口を分解し水漏れが起こっている箇所を特定しました。
しかし、20年前の蛇口だったため修繕部品が廃盤となっていたため、蛇口ごと新しいものへ交換となりました。

蛇口を新しくかえるにあたってパネルを貼って施工かカウンターの取り替えが必要となるため、お客様のご要望をお聞きし、カウンターを取り替えての施工となりました。

●おかやま水道職人「岡山県津山市瓜生原へ浴室蛇口水漏れのご依頼を受け伺いました。


台所の蛇口から水漏れし食洗器に影響する事例|岡山市南区
こちらは、台所で使っている食洗機の金具が劣化し水漏れがするとのご相談でした。

蛇口を分解して食洗機もあわせて点検したところ、蛇口が劣化し、食洗機のホースからも水漏れしており、それが原因で床などが水で濡れるなどのトラブルが発生していました。
蛇口を交換して欲しいとのご要望にお応えして台所の蛇口を交換し、漏水を解消しました。

●おかやま水道職人「岡山県岡山市南区山田にて台所蛇口水漏れ修理依頼でお伺いしました


水のトラブルの対処の流れのまとめ

水のトラブルが起こったときは、まずは水の流れを止めるために、止水栓や元栓を閉めましょう。
管理会社を通さずに修理すると、さまざまなトラブルに発展する可能性もあるため、管理会社または大家さんに連絡してから修理業者に来てもらいましょう。
自分でなんとか対処できるのでは?と思って修理しようとすると状況が悪化する恐れがあります。

今回ご紹介した事例のように、水回りのトラブルは業者でしか対処できないケースも多くあるため、水のトラブルはプロの業者にご相談ください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315