【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » トイレの臭いが気になる!どうやって対処したらよいかご紹介!

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの臭いが気になる!どうやって対処したらよいかご紹介!

2021年06月16日 トイレのトラブル


トイレの臭いの原因

・跳ねた尿
用を足すときには目に見えないくらいの、細かいしぶきが飛んでいます。それらが便座の裏側や壁、床等に付着することが主な臭いの原因です。とは言っても、排泄直後の尿はそこまで臭いがするものではありません。

壁などについた尿の尿素という成分が空気に触れ続けると、細菌の酵素によって分解されてアンモニア臭を放つようになるのです。放置してしまうと下記で紹介する尿石になってしまうため、こまめに掃除をして臭いの発生を予防しましょう。

・尿石
これは強い悪臭の原因です。尿がアンモニアに分解されると、便器内部がアルカリ性になります。アルカリ性が強くなると尿中のカルシウムイオンが難溶性カルシウム化合物に変質し、尿石になってしまうのです。

尿石はたくさんの細かい穴が開いているため、その中に雑菌が繁殖してしまったり尿石を発生させてしまったりと悪循環に陥ってしまいます。発生しやすい場所は便器の淵裏の溝やウォシュレット、排水管など掃除しづらい場合が多いのです。こまめに掃除して尿石を発生させないようにしましょう。

・下水
キッチンや台所など他の水回りでも同じですが、下水は汚れやヘドロなどで嫌な臭いがするため、水で下水の空気をシャットアウトする機能が付いています。これが封水です。この水が詰まりなど何らかの原因で減ってしまう、もしくはなくなってしまうと嫌な臭いがする原因になります。これはトイレの臭いトラブルではなかなかないケースですが、他の原因が見つからないときには視野に入れてください。

臭い発生の可能性がある場所

・壁や床
尿の跳ね返りは床に目が行きがちですが、壁が汚れていることもあります。濡らして固く絞った布巾で汚れを落とし、乾拭きで水が残らないようにしっかりと拭き取ります。床と便器の間などには汚れが溜まりやすいため、よく掃除をしてください。その後、アルコールを吹き付けておきましょう。アルコールは蒸発するときに熱と水分を奪ってくれるため、細菌を殺してくれるという仕組みです。そのため吹き付けた後は自然乾燥をさせるようにしましょう。

・便器
便座の裏側や溝、便器の淵などには跳ねた尿がそのままになってしまうことが多いです。そのため、流せるお掃除シートで拭き取る、トイレクリーナーを吹き付けブラシやトイレットペーパーなどで掃除することをこまめに行うことが大切です。また、便座に細かい傷が付くと、そこに汚れが溜まってしまうことがあります。細かい傷であれば市販の歯磨き粉や研磨剤などで磨いて平らにすることが可能です。

深く傷が入ってしまった場合や細かい傷が多くある場合は便座のみの交換ができますので、製品の品番を確認し交換しましょう。便座だけでなく、蓋も交換が可能です。主にメーカーのホームページなどから購入ができますので気になる場合は検討してください。

・ウォシュレット
多くのトイレはウォシュレットが一体型になっておらず、便器との間に隙間があります。その場合、その隙間に汚れが溜まってしまうのです。説明書を確認し、取り外してウォシュレットと便器を掃除しましょう。

取り外すときには止水栓を閉めて電源やアース線を外してから作業を始めます。続いて分岐金具を外してボルトを取り、便座を取り外すだけですので意外と難しくありません。古歯ブラシやお掃除シートで汚れよく落とし、アルコールを吹き付けて自然乾燥をさせてから取り付けます。上記の作業が不安であれば業者に依頼してトイレクリーニングをしてもらいましょう。

・配管
上記を見ても原因が良く分からないがどこからか嫌な臭いがする、またここ最近急に臭いが気になりだしたのであれば配管が原因かもしれません。水を流した後に、便器内の水がゴボゴボ音を立てている、もしくは便器内の水位がいつの間にか下がっているという症状があればそれは配管が原因と考えてよいでしょう。汚れによって配管が狭くなってしまっている、異物が詰まってしまっているなどで下水の臭いが上がってきている可能性があります。

ご自身で対処する場合は、スッポンで詰まりを取り除くか、便器の汚れを良く取り除くという対処をしましょう。しかし、ご自身で解決できない場合、放置してしまうと水が逆流したり水漏れしたりすることがあるため、早めに水道修理業者へ依頼することをおすすめします。

下水ではなくカビの臭いが気になる場合、床下などどこか見えないところで漏水が発生していて、カビが繁殖しているかもしれません。そちらも早めに専門の修理業者に点検を依頼しましょう。

尿石の除去方法

尿石はアルカリ性です。酸性の洗剤を使って時間を置いてからブラシでこすります。蓄積した頑固な汚れにはクエン酸と重曹を組み合わせて使う、もしくは尿石用の洗剤を使って掃除をしましょう。

クエン酸を水に溶かしてスプレー容器に入れて吹き付けたら重曹を振りかけて放置するだけです。水100mlあたり、小さじ1/2を入れるのがおすすめですが、汚れの程度によってクエン酸濃度を調整してください。尿石用の洗剤は強い酸性を持っているため、ゴム手袋をして換気を忘れずに行いましょう。

換気ができたら、汚れが気になる部分をトイレットペーパーで覆いその上から尿石用洗剤をかけます。するとトイレットペーパーが尿石などの汚れに密着し落ちやすくなるのです。汚れの様子を見て2~30分程度放置したらブラシで磨き、洗い流します。汚れが落ちていないようであれば、これを何度か繰り返しましょう。

水道修理はおかやま水道職人へお電話ください

水道修理でお困りの際には、おかやま水道職人までお電話ください。おかやま水道職人は岡山市、倉敷市、津山市、玉野市、笠岡市、和気町、里庄町など岡山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽におかやま水道職人にお問い合わせください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315