【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » キッチンの排水口が詰まる原因は?予防策とともにご紹介

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの排水口が詰まる原因は?予防策とともにご紹介

2021年08月01日 キッチンのトラブル


キッチンの排水口には水だけでなく油や食材のカス、洗剤や石鹸などさまざまな物を流します。
そのため詰まりなどのトラブルが起きやすいですが、普段から使い方に気をつけていれば予防が可能です。

今回はキッチンの排水口が詰まる原因と、予防策をご紹介します。

排水口が詰まる原因

キッチンの排水口が詰まる原因はさまざまです。
それぞれどんな理由で詰まるのかを解説します。

・油汚れ
油汚れはキッチンの排水口が詰まる原因としてよく挙げられます。
油は単体でもぬめり気があり、さらに水などで冷やされると固まるため排水口や排水ホース内にこびりつきやすいのです。

また粘性もあるので食物のクズや埃などと合わさると塊になり、時間が経つとさらに落ちにくいヘドロ状に変わります。
こういった汚れが積み重なると水の流れが悪くなり、詰まりが発生してしまうのです。

・食物のクズ
三角コーナーやゴミ受けに入っていた生ゴミが崩れて小さくなると、隙間からすり抜けて排水口に流れてしまいます。
これ単体であれば排水口に入った後に排水管まで流れてしまっても、詰まりの原因となることは少ないです。

しかし油汚れと一緒になってしまうと固まって塊となり、排水口や排水管に付着して詰まりの原因になります。

さらに時間が経つと腐敗して悪臭を放つようになるのです。
食物のクズは流れないように注意してください。

・洗剤のカス
こちらは油汚れや食物のクズほどではありませんが、詰まりの原因となる可能性があります。
流しきれず排水口に付着してしまった食器用洗剤や、石鹸を使ったときに出たカスなどが蓄積するからです。

・固形物
スプーンやフォーク、箸などのサイズが大きめの物はもちろん、爪楊枝やプラスチックゴミなどの小さな物でも詰まりの原因になります。
大抵の固形物は排水口で止まり、排水管に入ることはありません。

しかし掃除のためにゴミ受けやトラップを外していたとき、誤って物を落としてしまうケースがあるのです。
そのため掃除の際には注意が必要ですし、一旦周りの物を退かすなどの対策をしてください。


詰まりを予防する方法

普段使うときに予防を意識することで、詰まりが起こる可能性を抑えることができます。
大掛かりな修理や対処が必要にならないように、小さな対策を積み重ねていきましょう。

・油汚れはできるだけ拭き取る
キッチンの詰まりの多くは油汚れが原因です。
そのため油汚れを流さないことが、最善の予防につながります。
調理器具や食器などは、付着した油をペーパーや新聞紙などで拭き取ってから洗うようにしましょう。

揚げ物などで大量の油を使ったときは、油処理用の凝固剤で固め、ビニール袋やペットボトルに入れて廃棄してください。

また肉や魚の油も詰まりの原因になるので、注意が必要です。
このように油汚れを流さないように心掛けると詰まりの予防だけでなく、掃除の頻度や手間も減らせます。

・食材カスは小まめに回収
調理によって出た食材カスはその都度処理することがおすすめです。
すべてを回収することは難しいかもしれませんが、細かいものまで見逃さないように意識することが大切です。

また食材カスを捨てる三角コーナーやゴミ受けにもこだわると、より一層予防につながります。
ポリ袋をセットするホルダータイプや、ゴミと一緒に丸ごと捨てられる使い捨てタイプなど、さまざまな種類があるのでご自分に合ったものを選んでみてください。

こちらも詰まりの予防だけでなく掃除の頻度や手間を減らせて、なおかつキッチン自体を衛生的な状態に保ちます。

・お湯を流す
油汚れによる詰まりの予防には、お湯を流すことがおすすめです。
付着したばかりの油汚れは熱で溶けるので、そのままお湯と一緒に流せるためです。

しかし油汚れは冷えると固まり、お湯でも溶かせず流れなくなってしまいます。
できれば調理後や食器を洗い終わったすぐ後、少なくともその日の内にお湯を流してください。
また熱すぎると排水管が傷んでしまうので、お湯の温度は50℃前後にしておきましょう。

・パイプクリーナーで排水管を掃除する
パイプクリーナーは手の届かない配管の中を掃除してくれる洗浄剤です。
特に塩素系のパイプクリーナーは油汚れや食材のカスを溶かして除去できるので、キッチンの排水管の掃除にピッタリです。

使い方も簡単で、排水管にパイプクリーナーを注ぎ入れ30分から1時間放置した後に水で流すだけです。
できれば一週間、長くても一ヶ月に一度の間隔でパイプクリーナーを使用すると、詰まりが発生しづらくなります。


自分での対処が難しい場合はおかやま水道職人におまかせを!

水回りのトラブルは原因が分かりにくく、また原因が分かっても自力での対処や修理が難しいものです。
そんな時はおかやま水道職人にお電話ください。

おかやま水道職人は、倉敷市、津山市、総社市、岡山市北区、南区、中区、東区など岡山県全域に対応しており、すぐに現場へ駆け付けます。

お家で起きるさまざまな水回りのトラブルを解決できますので、お困りの際はぜひおかやま水道職人にお任せください。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315