【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » あれば安心できる水のトラブルに使えるアイテムを紹介

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

あれば安心できる水のトラブルに使えるアイテムを紹介

2021年08月13日 水回りの豆知識


ある時急に、水漏れや便器のつまりなどのトラブルに見舞われたことはありませんか?実はちょっとしたトラブルであれば、自分で直すことも可能です。今回は自宅にあるもので簡単に修理できる方法を紹介します。業者に頼る前に一度試してみるのはいかがでしょうか。

つまりに使えるアイテム①ペットボトル

この方法はペットボトルとゴム手袋があれば簡単に実行できます。この作業は手が汚れるためゴム手袋をはめて作業しましょう。

まず、ペットボトルの下の部分を切ります。切ったペットボトルを排水溝の奥に突っ込み、口を指でふさいだままペットボトルを出し入れします。この動作を繰り返すことによってつまりが引き上げられます。簡単なつまりであればこの方法で次第につまりが改善されるはずです。ペットボトルがない場合は、ラバーカップでも代用できるため試してみてください。

つまりに使えるアイテム②ビニール袋

原理としてはペットボトルでの改善方法と同じになります。まず手をグーにしてゴム手袋をはめます。その上にビニール袋を二枚被せ、排水溝に手を突っ込みます。出し入れを繰り返すとつまりが水に溶け、解消されるという仕組みです。

ゴム手袋とビニール袋だけで簡単にできる方法ですが、手を入れることに抵抗がある方にはおすすめできません。また手が大きすぎる人は、手が抜けにくくなるため、注意してください。

つまりに使えるアイテム③針金ハンガー

こちらは針金ハンガーとペンチさえあればできる方法です。まずハンガーの取手をペンチで切ります。次に排水溝に突っ込む側の先端をリング状に変形させます。そのままハンガーを突っ込み、つまりにあたったら優しく削りましょう。

ある程度水が流れるようになったらバケツで水を流します。これを繰り返し、キレイに流れるようになればつまりが無事解消されたということです。この方法は便つまりや紙つまりには適していますが、水に溶けない固形物が詰まっている場合は状況を悪化させるため、注意が必要です。

つまりに使えるアイテム④食器用洗剤

自宅にある食器用洗剤を使って簡単につまりを解消できる方法です。つまりのせいで水が溜まっている場合は、事前に汲み取っておきましょう。食器用洗剤を100cc程度、便器に入れます。その後45度程度のぬるま湯を、便器の半分くらいまで入れます。

20分程度放置し、水位が下がっていれば、そのままぬるま湯を流し入れて流れを確認します。手も汚れず、最も簡単な方法です。食器用洗剤がある方は一度試してみてもいいでしょう。

水漏れに使えるアイテム①防水補修テープ

防水補修テープは隙間から少し漏れる程度の水漏れに使え、曲線部分にも貼ることができるため非常に便利です。ですが逆に吹き出すような水漏れには使えないので注意してください。

防水補修テープを使うときはまず直したい部分の周りを綺麗にし、乾燥させます。次に端から押さえつけながら、隙間をふさぐようにテープを貼ります。あらかじめ必要な長さに切っておくと便利です。

最後にテープをしっかり押さえて密着させれば完成です。ポリエチレン等水に強い素材でできているため、ある程度の水漏れならしっかり防いでくれるでしょう。

水漏れに使えるアイテム②仮補修テープ

防水補修テープでは防げないようなひび割れがある場合は、仮補修テープを使いましょう。なかでも透明のものは貼った場所が目立たないため、見える場所に使うのにもおすすめです。また凹凸面もしっかり固定できるため、便利なテープです。

仮補修テープを使う場合も、まずはひび割れ部分を綺麗にし、乾燥させます。そしてひびの部分にピタッと密着させるように貼れば完成です。水が漏れないようにしっかり固定させるのがポイントです。

あくまでも仮補修テープは応急処置用であるため、時間ができたときに水道業者へ修理依頼することをおすすめします。

水漏れに使えるアイテム③シリコーン自己融着テープ

シリコーン自己融着テープはパイプからの水漏れに使えます。パイプに巻きつけることで接着し、水漏れを防ぐ仕組みです。基本的にはテープを巻きつければ完了ですが、水漏れしている部分によってやり方が違います。

まず直管部分から水漏れしている場合、水漏れしている場所から巻き始めます。その後テープを強く密閉するように貼りますが、水漏れ箇所を集中的に巻くのがポイントです。続いて継手部分から漏れている場合、細い方のパイプから巻き始めます。

数周巻き終えれば、太い継手も巻き始めましょう。このように貼り方を工夫することで、水漏れをしっかり防いでくれます。

自分で対応できない水のトラブルは業者を頼りましょう

今回は水のトラブルが発生したときに、自分でできる対処法を解説しました。簡単なつまりや水漏れであれば、自分で直せることも多いです。しかし自己処理することでトラブルを悪化させてしまう可能性もあります。不安な場合や、対処しても改善されない場合は業者に頼りましょう。

おかやま水道職人は水漏れやトイレのつまりにもしっかり対応します。備前市や美作市など、県内全域にお電話一本で駆けつけるため、お悩みがある方はご連絡ください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315