【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 水漏れを自分で修理するのは難しい?よくある失敗とは

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れを自分で修理するのは難しい?よくある失敗とは

2021年08月13日 水漏れトラブル


自宅の水漏れトラブルは水道料金の高騰や家財や家自体の損傷につながることがあり、早急な対応が必要です。ですができればお金をかけたくないから自分で修理をしたいと思うのは当然のことです。

今回の記事では、どのような水漏れなら修理ができるのか?よくある修理の失敗について紹介します。

自分で修理できる水漏れとできない水漏れ

水漏れには、自分で修理できるものとできないものがあります。まずはそこを見極めるところから始めましょう。自分で修理できるのは蛇口のパッキンの交換といった簡単な修理です。

給湯器やマンションやアパートの共有スペースにある配管等から水漏れしている場合は、個人でどうこうできるものではないため、水道局や居住地にある自治体から指定された工事業者に修理を依頼するようにしましょう。個人で修理をできない理由は、給湯器の場合はガス漏れの危険、それ以外の場合には水道水が汚染されてしまい感染症の危険性が高まるからです。むやみに自力で修理をしようとしないようにしましょう。

修理に最低限必要な道具

自分で修理をする際に最低限必要な道具は以下になります。

・プラスドライバー
・レンチセット(六角ナット用)

蛇口のパッキン交換を行う際には蛇口のハンドルを分解する必要があるため、プラスドライバーが必要です。ただ、メーカーや型式によってネジのサイズが異なるため、数種類のサイズが入っているドライバーセットがあれば対応できるでしょう。

水漏れ箇所がパイプだった場合に必要なのが六角レンチです。蛇口とパイプの接合箇所には六角ナットが使われているため、大小のサイズがそろったレンチセットがあれば大抵のナットを回すことができます。

混合栓が使われている場合は蛇口本体とクランク部分を分解する可能性があり、その際にはウォーターポンププライヤーが必須です。この工具でも回せないほどに固い場合はモンキーレンチがあると確実です。

これらの道具類はホームセンターに行けば購入できます。種類が多すぎてよく分からない場合は、水漏れ箇所の写真を撮っておき、店舗のスタッフに写真を見せながら必要な道具を聞くと見繕ってもらえるでしょう。

近くにホームセンターがない、行く時間がない場合はネット通販でも購入できます。ただ、ネットでの購入の場合は分からないことへの問合せへの返事に時間がかかる、発送までも直接買いに行くよりも時間がかかるといったデメリットがあります。急いでいる場合は直接購入のほうがよいでしょう。

よくある失敗:修理時に部品を壊した

自分で修理をすると慣れていない分、失敗してしまうことがあります。それにより修理箇所が増えて、結局水道修理業者に依頼することになる例も。ここでは、そのようなよくある失敗例を紹介します。自分で修理をする際の参考にしてくださいね。

もっとも多いのがネジの頭をつぶしてしまったり、ナットを閉めすぎてしまったりする失敗です。ネジの頭をつぶしてしまう主な原因は、しっかりとネジの頭にプラスドライバーをはめ込まずに回してしまうことです。しっかりとはめて、さらにはネジの頭にドライバーをしっかりと押し付けながら回すとよいですよ。

ナットの締めすぎは一見問題がないように思えますが、強く締めすぎて一回転してしまうことがあります。そうすると部品が割れてしまったり、きちんと閉まらなくなってしまいます。しっかりと締めないとまた水漏れしてしまうのでは、と心配になる気持ちは分かりますが、力を入れすぎずに締めた後に水を流してみましょう。それで水が漏れてこなければそれ以上強く締めなくても大丈夫です。

よくある失敗:給水管や排水管を割った

水漏れを直す際に、給水管や排水管を交換する場合、ちょっとした力の入れ具合で割れてしまったり折れたりしてしまうことがあります。給水管や排水管は一見丈夫そうに見えますが、経年劣化によってもろくなっている可能性があります。慎重に扱いましょう。

修理に失敗した際の注意点

部品等を破損してしまうような失敗の場合、部品を交換しなければいけません。そうなると水漏れ修理だけだったときよりも、修理代が高くなる可能性があります。自分で修理をすることにはそういったリスクも潜んでいることを頭に入れておくとよいでしょう。

また、普段DIYをしない人の場合は慣れない作業で失敗してしまう可能性がある上に、道具をそろえるところから始めなければならず、業者に依頼をした方がスピーディで金銭面での負担が少ない可能性もあります。

どうしても自分で修理したい場合

自分で修理をする場合は蛇口の交換方法などの情報を参考にするようにしましょう。動画サイトで正しい手順を分かりやすく説明しているチャンネル等もあるため、そういったものを閲覧してしっかりと予習をしてから始めると失敗の確率が下がります。もし手元に使わなくなった蛇口がある場合は、それを使ってパッキンの交換等を練習してみるのも手です。

水漏れ修理で失敗したくないなら業者を頼りましょう

水漏れ修理は自力でできるものもありますが、失敗してしまうと余計な部品代がかかってしまったり、修理箇所が増えて修理代金が高くなってしまったりする可能性もあります。ちょっと難しいかなと感じたら、専門業者に頼むと安心してスピーディに対応できます。

おかやま水道職人は、高梁市や赤磐市など、県内全域にお電話一本で駆けつけます。24時間365日受付対応をしていますので、水のトラブルでお困りの際はまずはお電話ください。最短1時間以内に現地へと訪問いたします。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315