【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 蛇口の水漏れ修理を岡山の事例から説明

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

蛇口の水漏れ修理を岡山の事例から説明

2021年06月12日 水漏れトラブル


毎日の生活の中でたびたび起こる水道トラブルが蛇口の水漏れ。
酷い水漏れはもちろん、ポタポタと水が漏れている状態が長く続くと水道代が高くなることも。

吐水口やパイプの先端など、水が漏れてくる箇所によって原因はそれぞれ異なります。
今回は岡山県で発生した事例をもとに、蛇口の水漏れ修理の方法や困った時の応急処置をご紹介します。

蛇口水漏れの箇所

床が水浸しになるほどの酷い水漏れが起こった時、まず試してみるべき方法は水道の元栓・止水栓を閉めることです。
栓を閉めてしまえば水道が止まるため、一時的に被害を抑えることができます。
水漏れが起こっている箇所を確認し、近くの止水栓を閉めた後に家の元栓を閉めましょう。

元栓と止水栓はどちらも給水を止めるためのものですが、正確に言えばその役割は異なっています。
止水栓はトイレや浴室など、家の中の水回りに個別に配置されており、たとえばキッチンの止水栓を閉めればキッチンの給水だけを止めることができます。
一方、元栓は家全体の給水を止めるものであり、水道メーターの横に配置されることが一般的です。
元栓の場所を把握しておくといざという時に便利ですが、元栓を閉めると家中の水道が止まってしまうことに注意しましょう。


蛇口水漏れの主な原因①蛇口内のパッキンやカートリッジ

蛇口からの水漏れが起こる場合、内部にある部品の隙間を埋めるパッキンやカートリッジが劣化している可能性があります。
岡山市北区の事例では10年間にわたって使用している蛇口のカートリッジに隙間が生じ、そこから水が漏れる状態が続いていたため、本体を傷つけないようカートリッジを取り外し、交換修理を行いました。

蛇口の使用状況に関わらず、パッキンの経年劣化が起こり止水できなくなるケースは珍しくありません。
蛇口内部の状態は目で見て確認することが難しく、パッキンやカートリッジを取り外す際に蛇口本体が破損する危険性もあるため、交換修理はプロにお任せください。

●おかやま水道職人「岡山県岡山市北区西辛川にて洗面蛇口水漏れのご依頼を受けお伺いしました。


蛇口水漏れの主な原因②蛇口内のケレップ(節水コマ)

蛇口の内部にはパッキンやカートリッジの他にケレップと呼ばれる部品があります。
ケレップはコマとも言われ、蛇口のハンドルを閉めた際に水が出るのを堰き止め、緩めた際には上昇してその隙間から水が流れ出る仕組みになっている蛇口の中でも特に重要なパーツです。

節水の機能も持つケレップが傷んでいると、蛇口の水漏れの原因になってしまいます。
パイプの先端から水が漏れている場合は、ケレップが劣化している可能性が高いと考えられます。


蛇口水漏れの主な原因③給水ホース

倉敷市大内の事例では、10年以上使用している台所の蛇口で水漏れが発生。
原因は蛇腹ホースの経年劣化ではないかと予想されたため、ホースの交換修理を行いました。
給水ホース付きの蛇口はキッチン以外にも浴室や洗濯機などの水回りでよく利用されますが、蛇口に接続したホースが傷んでいる場合にも水漏れが発生することがあります。
キッチンで利用している場合は床が水浸しになることも。

ホースの交換は1時間程度で完了するため、ご依頼をいただければ当日中の修理も十分可能となっています。

●おかやま水道職人「岡山県倉敷市鳥羽、倉敷市大内、倉敷市神田にて修理依頼にお伺いしました。


蛇口水漏れの主な原因④止水栓

止水栓は蛇口の水漏れを止める時にも重要な役割を果たす部品ですが、止水栓の劣化から蛇口の水漏れが起こることもあります。
この場合止水栓に使われているパッキンを交換して解決する例がほとんどですが、時には止水栓自体を取り替えなくてはならないケースも存在します。

倉敷市連島町の事例では、洗面台の蛇口の水漏れを修理するにあたって止水栓の交換・取り付け作業を行いました。
特殊な形状の水栓だったため、メーカーに部品を発注してから後日改めて取り付けを行わせていただく形になりました。

このように、お使いの蛇口や洗面台のメーカーによっては部品の取り寄せに時間がかかることがあります。

●おかやま水道職人「岡山県倉敷市連島町連島に緊急メンテナンスでお伺いしました。


蛇口水漏れの応急処置

蛇口の水漏れが起こった際に、水漏れの原因が特定できるのであれば自力で修理ができる可能性があります。
どの部品が劣化しているか自信を持って判断できるのであれば修理を試してみてもいいかもしれません。
ただし、部品を取り外す際に蛇口を傷つける恐れがあることに注意してください。

水漏れの原因がわからない場合や水の勢いが強い場合はプロに修理を頼み、原因を究明してもらうのが一番です。
自力で行う応急処理としては、止水栓を閉める程度に留めておきましょう。


蛇口の水漏れを予防するために意識するポイント

蛇口の水漏れは、主に部品の経年劣化によって起こるケースがほとんどです。
長年水道を利用していれば蛇口に使われている部品の劣化は避けられないことですが、水漏れのリスクを少しでも軽減するためには毎日のお手入れが重要。

日頃からできる方法としては、ハンドルやレバーを強く締めすぎないことも効果的です。
どこかに変わった点がないかこまめに点検し、水漏れが起こる前に部品を交換しておくのが理想的な予防法と言えるでしょう。


蛇口の水漏れ修理のまとめ

蛇口の水漏れの主な原因は、内部にある部品の経年劣化と考えられます。
自力で修理にチャレンジするのもいいですが、分解する際に蛇口を傷つけてしまうリスクも。部品の交換修理はプロの業者に依頼しましょう。

毎日使う水回りのトラブルはいつ起こるかわかりません。
おかやま水道職人では、365日24時間ご依頼に対応しています。
岡山県内にお住みの方で蛇口の水漏れで困ったことがあれば、いつでもお気軽にお問い合わせください。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315