【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 水道つまりの予防策とつまったときにやってはいけない対応

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道つまりの予防策とつまったときにやってはいけない対応

2021年09月02日 水道トラブル


毎日当たり前に使っている自宅の水回り。
生活にはかかせない水道ですが、水漏れのトラブルになることを考えて予防している人は少ないかもしれません。

トラブルが起こってしまってから慌ててしまうパターンがほとんどでしょう。
水回りのトラブルが起こると、とても困るうえに費用などもかかってしまいます。

こちらの記事では水道つまりの予防策や、つまってしまった時にしてはいけない対応などを詳しくご紹介します。

日頃からできる水道つまりの予防策

水道つまりは、大きなトラブルになる前に日ごろから予防を心がけることが大切です。
毎日できる対策でつまりを事前に予防しましょう。

また、排水溝の構造を理解するのもポイントです。
つまりの原因の異物をこまめに取り除くことはもちろんですが、定期的に薬剤等での特別なケアをするといいでしょう。


浴室の水道つまり予防策

浴室は石鹸かすや髪の毛がつまりやすい場所です。
毎日まめに髪の毛を取り除いたり汚れを溜めないようにすることである程度は予防できます。
長い髪は絡まって大きな塊になるので浴室を使ったらかならず排水溝に流れた髪をお掃除するようにしたいですね。

重曹を使ったお掃除は臭いやヌメリも取り除いてくれるのでおすすめです。
扱いが簡単で安価なので、定期的なお掃除にぜひ活用してください。


浴室の水道がつまったときにやってはいけない対応

浴室の水道がつまって自分の手で届かない場合は、触らないようにしましょう。
お掃除する範囲の部品の取り出しは問題ないですが、それ以上の部分を分解してはいけません。

つまりが悪化したり、部品が破損して余計な費用がかかる場合があります。
自分で対処できそうな範囲以外は決して触らず、プロに任せるようにしましょう。


キッチンの水道つまり予防策

キッチンの水道つまりの原因の多くは油汚れです。油分は排水パイプに付着しやすく毎日の積み重ねで固まりのようになってしまいます。
これが流れを悪くし食べ物の残りかすなどが流れにくくなってしまいます。さらにお子様がいらっしゃる方は小さいスプーンやフォークが流れてしまうこともあるようなので食器洗いの際は気をつけましょう。

予防策としては、油がついた食器やフライパンをそのまま洗わずにキッチンペーパーなどでふき取るようにしましょう。
どろどろした汚れが蓄積しないよう、ごみを受けるカゴなども定期的にきれいにするのも大切です。
加えて重曹やクエン酸で定期的にお掃除するのもおすすめです。

また、油汚れに効果的なのはやはりお湯です。
シンクにお湯を溜めて一気に流すのは効果的です。ぜひ定期的に試してみてください。


キッチンの水道がつまったときにやってはいけない対応

先ほど定期的にお湯を流す予防策があるということをお伝えしましたが、余りにも熱い熱湯は厳禁です。
排水口から下の部分は樹脂になっている部分があり、あまりにも高温のお湯を流すと熱で破損してしまう場合があります。
お湯を流してお掃除する場合の温度の目安や40℃~50℃位を目安にしてください。

また、市販の薬剤で解消される時もありますが、扱いが難しいものもあります。
自信がなければ使用せずにプロにお任せしたほうが安全といえます。

物理的に取り除こうと長いお箸などや雑巾などを入れてつまりを取ろうとする方がいますが、それ自体が取り除けなくなってより事態が悪くなる場合もあるため危険です。


トイレの水道つまり予防策

トイレのつまりの多くは溶けないトイレットペーパーや異物を流したことが原因です。
日頃から多量のトイレットペーパーを流してしまっている場合もつまりの原因になる可能性があります。

予防としては、トイレットペーパーを大量に流さず、トイレットペーパー以外のものを絶対に流さないようにしましょう。
ポケットに入れていた小さなものが落ちて気づかずに流してしまうこともあるので、気をつけましょう。


トイレの水道の水道がつまったときにやってはいけない対応

トイレの水道がつまったときにあせって何度も水を流すのは辞めておきましょう。
また何かの道具を使って押し込んで流してしまおうとするのもいけません。つまりの原因が見えていれば手で取り除くことができますが、奥に行ってしまうと取り出すことができなくなります。

この時パイプクリーナーやスッポンで何とかしようとしてしまいそうですが、排水管など奥へ進んでしまうと大掛かりな修理が必要になるかもしれません。
便器をはずすことが必要な修理になると、費用も高くなります。

すぐに取れるところにつまりの原因があって手で取れそうならいいですが、そうでない場合は触らないのが鉄則です。


つまりが悪化した時は無理をせずにおかやま水道職人にご連絡ください!

水道のつまりが悪化した時は自分で対処しようとせずにプロにお任せすることをおすすめします。

おかやま水道職人はお見積り金額や状況の説明を事前にしっかりとご説明させて頂いております。
お客様が納得されてからの作業開始になり、お見積りは無料です。安心してお問い合わせください。

おかやま水道職人は24時間電話受付、地域密着型サービスで急なトラブルにも迅速に対応しています。
岡山市・総社市・真庭市・倉敷市など地元岡山の指定工事店の豊富な技術と経験をもったスタッフが常駐。
お客様のご要望に答え、納得のいく作業を提供しています。
水道のトラブルはぜひおかやま水道職人へお任せください。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315