【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 水道のつまり解消方法と自分でするときの注意点

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道のつまり解消方法と自分でするときの注意点

2021年10月02日 水道トラブル


お風呂場・洗面台・台所など家に複数ある水道は生活に欠かせません。
そんな水道が突然つまってしまった場合すぐに対応できるようつまりが発生した場所から原因がわかるようにしておくことが大切です。

そこで今回は、つまりの原因と解消法をご紹介します。

お風呂場や洗面台など髪の毛が原因のつまりの解決方法

お風呂場や洗面台につまりが生じる原因の多くは、配管内に落ちた髪の毛です。髪の毛以外にも、石けんのかすや落として流れてしまったヘアピンなどもつまりの原因となることもあります。

髪の毛が原因でつまっている場合には、重曹とクエン酸で解消できます。必要な材料は重曹、クエン酸、水200mlです。つまり解消の手順は下記の通りです。

①水200mlに対し、小さじ1杯のクエン酸を混ぜてクエン酸水を作る
②排水口の中や周りに重曹を多めに振りかける
③振りかけた重曹の上にクエン酸水をかけて30分〜1時間程度放置する
④約40℃のお湯で流す

次に、配管内でつまりが生じている場合には、バケツ・歯ブラシ・割り箸・手袋を準備してください。つまりを解消する手順は下記の通りです。

①排水管の下にバケツを置く
②排水トラップの底のネジとキャップナットを緩め、排水トラップを取り外す
③トラップ内に溜まっている水とともにつまりの原因となっている固形物が出てくる(①のバケツで受け止められます)
④排水トラップ内の汚れを割り箸や歯ブラシで落とす
⑤キャップナットと排水トラップの底のネジを締めて完了

一部の排水管は排水トラップを分解できません。このような場合や、分解することに不安を感じる方は、無理に自分で修理をしようとせず業者に依頼してください。


液体パイプクリーナーを使うときの注意点

重曹とクエン酸水ではなく、液体パイプクリーナーで修理をする方法もあります。液体パイプクリーナーを使用する場合は、必ず取扱説明書の記載通りに使用してください。

ただし、髪の毛などの汚れが長年かけて蓄積されたものだった場合は、固く変質してしまっている可能性が高く、液体パイプクリーナーでは解消できない場合も多いです。

一度液体パイプクリーナーを使用してみて、つまりが解消できないようであれば、液体パイプクリーナーの使用は諦めましょう。


台所など油汚れが原因のつまりの解消法

台所の水道のつまりは、油汚れ、石けんのカス、食材のカスなどが原因です。この場合には、タオルでつまりを解消できる可能性があります。タオルを使った修理の手順は下記の通りです。

①排水溝の蓋と排水トラップを開ける
②排水溝の部分にタオルの片端を少し残してタオルを差し込む
③タオルを詰めたら、シンクに40〜50℃のお湯を溜める
④ある程度のお湯が溜まったらタオルを引き抜く

この方法では、お湯が勢いよく流れることで排水溝内に強い水圧がかかることを利用して、つまりを解消できます。
なお、排水溝をしばらく掃除していなかった場合には、①と②の間にスポンジや歯ブラシなどで軽く掃除をしておきましょう。


ワイヤークリーナーを使うときの注意点

台所のつまりは、タオルではなくワイヤークリーナーでも解消できます。使用するワイヤークリーナーは、つまりが生じていそうな場所や、つまりが生じている排水溝に合ったものを選ぶことが大切です。

ワイヤークリーナーが細すぎるまたは太すぎる、長すぎるまたは短すぎるなど、不適切なサイズではつまりを解消できません。

またワイヤークリーナーは、油の塊や水に溶けない固形物には効果がありません。つまりの原因に応じて道具を使い分けてください。


固形物以外が原因のトイレのつまり解消法

トイレがつまっている場合には、ラバーカップを使って解消できることが多いです。ラバーカップを使った修理の手順は下記の通りです。

①便器内の水が便器の半分になるように、水をバケツに移すもしくは水を足す
②ラバーカップのゴム部分を排水口に密着させる
③ゆっくりとゴムを奥まで押し込む
④押し込めたら勢いよく引く
⑤ゴム部分が抜けないように注意しながら③と④を繰り返す
⑥出てきた異物を便器から取り出す

ラバーカップでつまりが解消しない場合には、業者に依頼してください。


トイレのつまり原因が固形物の場合は自分で解決するのは危険!

固形物が原因でトイレがつまっている場合、浅い位置でつまっていれば手袋などをはめて取り出せます。しかし、深くに入り込んでいる場合には、自分で解決しようとせず業者に修理を依頼してください。

固形物がつまっているにもかかわらずトイレを流したり、ラバーカップを使用すると、さらに奥まで入り込みます。奥に行けば行くほど修理も大変になるため、自分で修理をするのはやめましょう。


つまりが改善しない・再発する場合はおかやま水道職人にご相談ください

上記の方法を試してもつまりが改善されない場合や、何度も再発する場合には、業者に依頼し確実に修理してもらいましょう。

岡山県でつまりにお困りの方は「おかやま水道職人」にお任せください。おかやま水道職人では、岡山市、津山市、倉敷市、浅口市、笠岡市、瀬戸内市など、岡山県内のさまざまなエリアに対応しております。

お電話は24時間年中無休で受け付けております。まずはお住まいの地域が対象かなど、お気軽にご相談ください。


岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315