【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 岡山で水道管の凍結を防止するために

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

岡山で水道管の凍結を防止するために

2021年01月21日 水道トラブル
おかやま水道職人2

岡山でも必要な水道管の凍結防止対策

岡山はフルーツ王国として知られ、瀬戸内気候の比較的温暖な地域です。
一方で山間など、冬場は寒さが厳しくなる地域もあります。
近年は地球温暖化による異常気象の影響か、夏場は激しい猛暑が続く一方で、冬場は大寒波が押し寄るなど、岡山でも大雪に見舞われることが少なくありません。
雪が降る気象条件は上空の温度がマイナス6℃以下となり、地上の気温が3℃以下となる時です。

これに対して、水道管の凍結リスクが高まる気温は氷点下4℃以下です。
つまり、雪が降らなくても寒さが厳しくなれば、水道管が凍結するリスクが高まります。

水道管は寝静まっている間、水道を使わない間に凍結することが多いです。
夜間は日差しのある日中に比べて冷え込みが厳しくなるとともに、人の活動も抑制されます。
人が起きている間は家中が暖かく暖房が効いて、洗面所や脱衣所、キッチンやトイレなどの水回りでもヒーターやストーブなどで暖を取り、暖かさを保っているはずです。
ですが、寝るときには暖房を切り、エアコンを効かせるのは寝室くらいとなるご家庭が多いのではないでしょうか。
外の気温が下がるうえ、室温も下がってしまうので、水道管の凍結もしやすくなるのです。

水道管の凍結防止策

水道管が凍結すると朝から水が出なくなって顔が洗えない、朝食やお弁当が作れない、トイレが流せないなど生活に支障が生じます。
ひどい時には凍った水が水道管内で膨張して水道管にヒビが入って水漏れし、破裂して水が噴き出して止まらなくなるケースもあります。
朝の忙しい時に思わぬトラブルに見舞われないためにも、事前に凍結防止策を講じておくことが大切です。

まず行いたいのが、水道管や蛇口の保温です。
屋外に設置されている水栓をはじめ、トイレや洗面所など北側の寒い場所に設置されている水道管、むき出しになっている水道管を保温しましょう。
ボロ布や緩衝材などを巻きつけ、使い古しのニット帽子をくりぬいて筒状にしてかぶせるなど、あるもので対処が可能です。

岡山の一戸建てやアパートなどに設置されている地下式のメーターボックスは、隙間に砕いた発泡スチロールを詰め込んだり、ボロ布や新聞紙を隙間に詰め込んだりして保温対策をとりましょう。

冷え込む予報が出たときの対処策

冬になったら水道管や蛇口、水道メーターボックスなどの保温を図るとともに、冷え込みが厳しくなるという天気予報などが出たときには、夜寝る前に凍結防止策を併せて講じることが大切です。

まず、一つの方法は水道の蛇口を開いて出しっぱなしにすることです。
もちろん、水道代が大きくかさむほど大量の水を出しっぱなしにする必要はありません。
水は零度になると凍結するため、そうならないよう零度になっていない水を絶えず流し続けて水道管内の凍結を予防するのです。

冬場の水は冷たいですが、それでも水道管を通すことで保温効果が生まれます。
ポタポタ、チョロチョロ程度の水なら、一晩流していても、大きく水道代がかさむ心配はありません。
わずかな水道代のコストを気にするより、朝、水が出ない不便や水道管が破裂して大きなトラブルに見舞われるリスクを避けた方が賢明です。

ガス給湯器の凍結も要注意

ガス給湯器は内部に水を通す管が入っています。
給湯や入浴で使った後も、ガス給湯器の内部や配管の中には水が滞っており、夜間、誰も使わない間に寒さが厳しくなると、内部の水が凍って、朝になって使えなくなることがあります。

ガス給湯器の凍結防止策は、寝ている間も追い焚きスイッチを入れっぱなしにするか、追い焚き機能がない場合には水をポタポタ流しっぱなしすることです。
なお、凍結防止機能がついたガス給湯器は取り扱い説明書に従いましょう。

使っていない自宅やアパートは要注意

旅行や帰省、出張などで長期間留守にする際や誰も住んでいない空き家、入居者がなかなか見つからないアパートの空き室も要注意です。
水道管やガス給湯器内に水が残った状態で放置し続けると、冬場に水道管が凍結して破裂するリスクが高まります。
外出前や、しばらく使っていない部屋の対応は面倒ではありますが、水抜きを行っておきましょう。

水道管が凍結したら

事前対策を実施しても水道管が凍結してしまった場合は自然に溶けるのを待つか、水道管にタオルをかけてぬるま湯をかけるか、温風ドライヤーで温めて溶かしましょう。
急いでいるからといって、熱湯をかけてはいけません。
一気に温度変化が起こり、破裂してしまうことがあります。
万が一、水道管が破裂してしまった場合には、焦らず、止水栓や元栓を閉めてから、水道修理業者を手配しましょう。

水道管の凍結にお困りなら

おかやま水道職人は岡山市、倉敷市、総社市、瀬戸内市、備前市、新見市など岡山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
水道管の凍結をはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、おかやま水道職人にお気軽にご相談ください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315