【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » 屋外の排水管から水漏れ?原因と対処方法を解説

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

屋外の排水管から水漏れ?原因と対処方法を解説

2021年02月07日 水漏れトラブル
1

いつもどおり生活していると、庭の地面や建物の壁面が濡れていることがあります。この場合は、屋外に設置された排水管からの水漏れが疑われます。排水管からの水漏れはなぜ発生するのでしょうか。今回は、原因や対処方法をご紹介します。

屋外の排水管の水漏れを確認したら、まずは元栓を閉めよう

「壁に水が伝っている」「晴れているのに地面が濡れている」など、排水管の水漏れを疑う症状を確認したら、まず元栓を閉めましょう。水漏れが発生した場合、本来は該当箇所の止水栓を閉めて対応するのが基本です。元栓を閉めると、住居全体の水の流れが停止してしまい、トイレやお風呂などが使えなくなるためです。

しかし、屋外の排水管はトイレやキッチン、お風呂など住戸内の水回り設備につながっており、水漏れした場合も一見して原因となる箇所が特定できません。場合によっては、屋外の排水管そのものに異常が生じた可能性もあります。そこで、元栓を閉めて水漏れ被害を最小限に抑えることが重要になってくるのです。


排水管の劣化や破損は水道修理業者に任せるのが安心

屋外の排水管からの水漏れは、さまざまな原因で発生します。なかでも厄介なのが、排水管の劣化や破損による水漏れです。

排水管の素材には、亜鉛メッキ鋼管や塩化ビニール管などさまざまなタイプがあります。それぞれには耐用年数があり、年数が経過するとサビや破損が発生するため、その部分から水漏れしやすくなるのです。素材ごとの排水管の耐用年数については、下記の表をご覧ください。

素材耐用年数の目安
亜鉛メッキ鋼管約20年
炭素鋼鋼管約20〜25年
鋳鉄管約30年
塩化ビニール管 約35〜40年

排水管の劣化や破損によって水漏れが生じた場合、基本的に一般の方では対応することができません。排水管の修理や交換といった、比較的大掛かりな工事が必要になるためです。異変に気づいたら、できるだけ早く水道修理業者に連絡して対応してもらいましょう。

排水管の劣化や破損による水漏れは、設置から15〜20年以上経過すると発生しやすい傾向にあります。家を建ててからある程度年数が経っている場合や、築年数の経過した建物にお住まいの場合は、水道修理業者に排水管の状態をチェックしてもらうのがおすすめです。現在問題がない場合でも、今後不具合が発生するケースも十分考えられます。


排水桝のつまりは高圧洗浄で対処できる

屋外の排水管からの水漏れは、「排水桝」のつまりによって生じることもあります。排水桝とは、トイレやキッチンなど各水回りに通じている排水管が一箇所に集まる場所のことです。地中に埋められている排水管とは異なり、メンテナンス用の点検口が設けられているのが特徴です。

排水桝には、各排水管を通って油汚れや皮脂汚れ、石鹸カス、髪の毛、食べ物の残りカスなどさまざまなものが流れていきます。基本的には水と合わせて下水道へ流されますが、あまりに汚れが多かったり、固形物が流れ込んだりすると排水桝がつまることがあります。排水桝がつまると排水管内の汚水の逃げ場がなくなり、地上へ水が溢れ出してしまうのです。

排水桝でつまりが発生した場合は、メンテナンス用の点検口から機械を入れ、高圧洗浄でつまりを解消するのが一般的です。軽度のつまりであれば、家庭用の高圧洗浄機でも対処できます。しかし、自宅に高圧洗浄機を準備している方はそれほど多くありません。排水桝でつまりが発生し、水漏れしている場合は、水道修理業者に高圧洗浄を依頼するのが安心です。


冬場は排水管の凍結にも注意しよう

冬の寒い時期になると、排水管の凍結にも注意しなければなりません。排水管内の水は、マイナス4℃程度で凍るとされており、寒冷地だけでなく都市部でも凍結する可能性は十分考えられます。

液体は固まると膨張する性質をもっているため、水が凍結すると排水管が破裂し、水漏れしてしまうこともあります。破裂は免れた場合でも、凍結によって汚水の行き場がなくなり、家の中に逆流するケースもあるため注意が必要です。

・排水管の凍結を防ぐ方法
排水管が破裂してしまうと大掛かりな工事が必要となるため、冬は凍結を防ぐための予防策を講じることが大切です。主な方法は以下の4つです。

■水を一晩中出しっぱなしにしておく
■給湯器を稼働させて一晩中温かいお湯を作る
■排水管に凍結防止帯を巻く
■水抜きをする

一晩中水を出しっぱなしにしたり、給湯器を稼働させたりする方法は、水道代やガス代が高騰する可能性があり現実的ではありません。また、寒冷地の水道管にはあらかじめ水抜き用のコックが設けられていますが、都市部にはあまりなく水抜きが難しいケースもあります。

今すぐ対策をするのであれば、排水管に凍結防止帯を巻くのがおすすめです。排水管を適度に温めることで、凍結を防止できます。凍結防止帯とは、水道管の凍結を防止するための専用の機器ですが、自宅にない場合は厚手のタオルでも構いません。また、地中の排水管が凍結するケースはほとんどないため、地上に露出している排水管にのみタオルを巻けば十分です。


まとめ

屋外の排水管からの水漏れは、さまざまな原因によって発生します。自分では対処できないことも多いため、水漏れを発見したらできるだけ早く水道修理業者に連絡しましょう。

「おかやま水道職人」では、水漏れの解消はもちろん、高圧洗浄機を用いたつまりの解消なども行っています。お困りであれば、ぜひお問い合わせください。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315