【水道局指定工事店】岡山のトイレつまり・水漏れ修理なら「おかやま水道職人」 » トイレの水が漏れていたら?まずは確認してみましょう

岡山 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水が漏れていたら?まずは確認してみましょう

2021年08月25日 トイレのトラブル


トイレの水漏れに気付いたら

誰もが日頃から使用するトイレですが、水漏れトラブルに遭遇した経験のある方も多いことでしょう。タンクから流れる水が止まらない、気付いたら床が水浸しだった、どこからともなく水の音が、なんてことになったら、ドッキリとしてしまいます。水漏れを放っておくと水道代がかさんでしまったり、トイレの床にシミができてしまったり、ひどいときには床が腐ってしまうこともあるので注意が必要です。

一言でトイレの水漏れと言っても、その原因はさまざまなことをご存じでしょうか。水漏れの原因には、トイレタンクの不具合や部品の老朽化、排水管の継ぎ目などから水が漏れてしまうケース、さらにはトイレの便器自体にひび割れができてしまっているケースなどがあります。

どれも解決するには特殊な工具が必要となり、専門業者に連絡して修理を依頼するしかないと思われがちですが、実はトイレの水漏れトラブルの中には、業者に助けを求めなくても自宅にあるものや手に入りやすいものを使って簡単に応急処置をすることのできるケースもあるのです。

ただし、水漏れの原因によっては専門家でないと対処できない場合や、無理をしてトイレ自体を壊してしまい、かえって高額な修理費がかかってしまう場合もありますので、注意が必要です。

では、どのようなケースであれば自身で対処できるのでしょうか。今回はさまざまなトラブルの中でも、トイレのタンクから水漏れをしているケースに注目して、その対処法を紹介していきます。

トイレタンクの破損がないか

トイレのタンクに衝撃が加わり、経年劣化によって穴やひび割れができてしまうことがあります。トイレの水漏れに気付いたら、まずはタンクに破損箇所がないか確認をしてみましょう。目に見える大きな破損でなくても、小さなヒビから水が漏れだすこともあるのです。

タンクが破損していた場合、業者にお願いしてタンクごと交換してもらうことになります。ですが、年末年始やお盆で業者がやっていない場合や、大掛かりな修理を行うまでに時間が必要な場合もあります。そんな時は、防水テープやコーキング材で応急処置をしましょう。どちらもホームセンターなどで簡単に手に入るものですが、ひび割れ箇所を覆うだけで水漏れを一時的に軽減できます。

タンクに破損がない場合

トイレタンクに破損がないのに水漏れが止まらない・もしくは流した水がいつまでも出続けてしまう場合、ボールタップや浮き玉の劣化が考えられます。ボールタップとは、タンク内の水位に応じて自動で給水を行うための部品の名称です。

支持棒と浮き玉がセットになっており、タンク内の水位が下がり、浮き玉が沈むと栓が開き給水を開始します。タンクに水が溜まり、浮き玉が上昇すると反対に栓が閉まり、水が止まるという原理です。浮き玉がどこかに引っかかってしまい、浮いてこない場合や、浮き玉自体に破損箇所があり、空気が抜けてしまっている場合、給水口が閉まらず、水が止まりません。

浮き玉がどこかに引っかかっているだけであれば対処は簡単ですが、破損している場合はボールタップごと交換する必要があります。ボールタップはホームセンターやインターネット通販で手に入りますが、幾つか種類があり交換には工具が必要になります。迷ったときは業者に相談することも一つの手段でしょう。

ゴムフロートの破損

ゴムフロートの破損によって起こる水漏れもあります。ゴムフロートとは、便器内に水を流す排水口の蓋の役目をしている部品ですが、こちらが破損して、排水口にゴミが詰まっている場合も水漏れの原因となってしまいます。

ゴムフロートが原因の水漏れの場合、便器内にいつまでも多量の水が流れ込んでしまう症状が出ます。ゴミの詰まりがある場合、ゴミを取り除いてみてください。

また、ゴムフロートには洗浄レバーと連動させるための鎖がついていますが、こちらが絡まり切れてしまっている場合もうまく蓋がされず、水が流れ続けてしまいます。節水のためタンク内に水を入れたペットボトルを入れているご家庭がありますが、そのペットボトルに鎖が絡まってしまい、水が止まらなくなってしまうケースもあるのです。また、鎖が切れてしまうなど、ゴムフロートそのものの破損の場合は交換が必要になります。

オーバーフロー管のチェック

タンク内に設置されているオーバーフロー管はご存じでしょうか。タンク内の水があふれてしまうのを防ぐため、オーバーフロー管という部品が設置されています。こちらは一定の水位以上になると水が便器内に逃げるように設計されていますが、オーバーフロー管にヒビや穴が開いていた場合、そこから水が排水されてしまいます。

タンク内の水位が低い場合などは、オーバーフロー管の故障が原因の可能性があるのです。こちらも交換を行うことで水漏れを止められるでしょう。

水回りで困ったときはおかやま水道職人へご相談を

解決できない水漏れや、自分で対処するのが不安だというときは、ぜひおかやま水道職人にお電話ください。おかやま水道職人は岡山市、津山市、玉野市、久米郡美咲町、和気郡など、岡山県内の各地で水回りのトラブルに対応している専門業者です。トイレだけでなくキッチンやお風呂、洗面所など、水回りのトラブルでしたら、電話一本で皆様のご相談に応じます。

岡山のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おかやま水道職人(岡山水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315

おかやま水道職人(岡山水道職人) 0120-492-315